Bad Pritt、「EP1 (Japan Edition)」を配信開始

2021.12.3

Bad Prittが「EP1 (Japan Edition)」を配信開始

Bad Prittの「EP1 (Japan Edition)」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「Day 1」「Day 2」「Day 3」「Day 4」「Day 5」「Day 6」「Day 7」となっている。

シネマチックなポストクラシカルミュージックとシリアルアートに影響を受けたアーティストBad PrittによるファーストEP。 Bad Prittはイタリアの音楽アーティストLuca Marchettoによるソロプロジェクトで、2018年にアーティスト名を冠したファーストアルバム「Bad Pritt」でデビュー。ハリウッド映画のサウンドトラックやUlrich SchnaussやThe FieldやFour Tetなどのエレクトロニカにも通じる鮮烈なビートと壮大なシンセサイザーサウンドは、100%ハードウェアの電子楽器のみで制作されており、古いデバイスと新しい感性が混ざり合った電子音楽作品に仕上がっている。 しかし、今回リリースされるファーストEP「EP1」はアルバムとは違い、全編、アップライトピアノを中心にヴァイオリンやノイズなどのほんの少しの追加サウンドで構成された美しいポストクラシカル作品。EPは1週間を表す全7曲を収録しており、優しく静かに奏でられるピアノのメロディーがその日常の隙間を埋めるかのように響く。その内省的なサウンドはAnoiceやSontag ShogunなどのRicco Labelのアーティストはもちろん、Jóhann JóhannssonやNils FrahmやSylvain Chauveauなどのポストクラシカルミュージックアーティストのファンの琴線にも触れることでしょう。 このリリースはRicco Labelとイタリアの音楽レーベルShyrecとのコラボレーションにより実現したもので、11月12日にはLuca Marchetto本人が制作したミュージックビデオ「Day 3」も公開される。 喪失とそのプロセスをテーマに制作された、儚くも美しいポストクラシカルの名盤です。

なお「EP1 (Japan Edition)」は、iTunes、Spotify、Apple Music、LINE MUSIC、Amazon Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。
各配信サービス:EP1 (Japan Edition)

EP1 (Japan Edition)
  • 1: Day 1

    Bad Pritt

  • 2: Day 2

    Bad Pritt

  • 3: Day 3

    Bad Pritt

  • 4: Day 4

    Bad Pritt

  • 5: Day 5

    Bad Pritt

  • 6: Day 6

    Bad Pritt

  • 7: Day 7

    Bad Pritt

配信開始日:2021-12-03

Ricco Label

ジャンル: インストゥメンタル / オルタナティブ / ニューエイジ

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, animelo mix, Apple Music, AWA, Deezer, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク ハイレゾ版, e-onkyo music, iTunes, K-POP Life, KKBOX, LINE MUSIC, mora, mora ハイレゾ版, Music Store powered by レコチョク, Music Store powered by レコチョク ハイレゾ, music.jp STORE, music.jp STORE ハイレゾ版, mysound, NetEase, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, OTOTOY ハイレゾ版, Prime Music, Rakuten Music, SMART USEN, Spotify, Tencent, YouTube Music, うたパス, ひかりTVミュージック, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ひかりTVミュージックアラカルトサービス ハイレゾ, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク, レコチョク Best, レコチョク ハイレゾ版, 着信★うた♪by KONAMI

Bad Pritt

Bad Pritt

イタリアの作曲家、マルチインストゥルメンタリストLuca Marchettoによる、シネマチックなポストクラシカルミュージックとシリアルアートに影響を受けた作品を制作するソロプロジェクト。 2018年にアーティスト名を冠したファーストアルバム「Bad Pritt」でデビュー。ハリウッド映画のサウンドトラックやUlrich SchnaussやThe FieldやFour Tetなどのエレクトロニカにも通じる鮮烈なビートと壮大なシンセサイザーサウンドは、100%ハードウェアの電子楽器のみで制作されており、古いデバイスと新しい感性が混ざり合った電子音楽作品に仕上がっている。ライブでは多数のアナログ機材だけでなくダークな映像も用いたパフォーマンスを行なっている。 2021年にはRicco Labelとイタリアの音楽レーベルShyrecとのコラボレーションによりファーストEP「EP1」をリリース。アルバムとは違い、全編、アップライトピアノを中心にヴァイオリンやノイズなどのほんの少しの追加サウンドで構成された美しいポストクラシカル作品になっており、その内省的なサウンドはAnoiceやSontag ShogunなどのRicco Labelのアーティストはもちろん、Jóhann JóhannssonやNils FrahmやSylvain Chauveauなどのポストクラシカルミュージックアーティストにも通じる。

Bad Prittの他のリリース:Bad Pritt