椿、「MEMORY LANE」を配信開始

2019.7.27

椿が「MEMORY LANE」を配信開始

椿の「MEMORY LANE」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「MEMORY LANE」となっている。

UMBによる日本語ラップのコンピシリーズ『UMBC』シーズン2の第4弾シングルは、初のフィメールラッパー参戦となる、レペゼン福岡=椿の「MEMORY LANE」だ。  出身地である福岡県筑紫野市のシンボル“椿”をその名に掲げ、10代から福岡を拠点に九州全域でライヴを行なうなどラッパーとして活動してきた椿。2017年にはフィメールラッパー限定のMCバトル『CINDERELLA MCBATTLE Vol.2』にて優勝した後に、2009年からトライし続けてきたUMB福岡代表の座に輝き、史上初となる女性のUMB地方予選チャンプとなる。2018年には二度目のUMB福岡代表、さらに今年3月に開催された『ULTIMATE MC BATTLE 2019 THE CHOICE IS YOURS Vol.3』にも出場するなど、今現在の日本のMCバトルシーンを代表する一人に数えられる存在だ。  リリース作品としては2013年リリースのデビューEP『たすく』を経て、ファーストアルバム『美咲紫』を2017年に発表。女性ならではの豊かなメッセージ性に加えて、バトルスタイルにも通じるッパーとしての言葉の絶対的な強さが大きな魅力となり、多くのファンを獲得している。  今回リリースされるシングル「MEMORY LANE」は、『UMBC』シリーズのメインプロデューサーであるI-DeAがアグレッシブなバウンス・トラックを提供。倍速でビートを乗りこなしながら、椿は自らの言葉を濃密にハメ込み、見事にグルーヴを作っていく。「MEMORY LANE」のタイトル通りに自らの過去を回想して、苦しみや悲しみなどの感情もリリックに込めながらも、果敢に未来へ突き進んでいく、まさに椿ならではアティチュードが溢れている。今後、日本のヒップホップシーンを代表するフィメールラッパーにもなりえる、椿の可能性の高さを感じさせる一曲だ。

なお「MEMORY LANE」は、iTunes、Spotify、Google Play Music、Apple Music、Amazon Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

MEMORY LANE
  • 1: MEMORY LANE

    椿

配信開始日:2019-07-27

Libra Records

ジャンル: ヒップホップ/ラップ

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, animelo mix, Apple Music, AWA, CLUB ZION, DE-LUXE, Deezer, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク, dミュージック月額コース, Google Play Music, iTunes, K-POP Life, KKBOX, LINE MUSIC, mora, Music Store powered by レコチョク, music.jp STORE, mysound, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, Prime Music, Rakuten Music, replay, SMART USEN, Spotify, YouTube Music, うたパス, ひかりTVミュージック, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク, レコチョク Best, 着信★うた♪by KONAMI

椿

椿

2007年より地元福岡から活動開始。2014年~東京に拠点を移し、LIVE、MC BATTLEを中心に全国へ活動域を拡大する。現在はJoint M's japan所属。TV出演やコラム、エッセイの執筆など多方面にわたる発信でも注目される。 また、国内主要規模のMC BATTLEで数々のタイトルを獲得。2016罵倒CYPHERでの準優勝を皮切りに、第二回CINDERELLA MC BATTLE優勝、2017,2018UMB福岡予選優勝。女性で史上初となる決勝大会進出を2年連続で成し遂げ、シーンに軌跡を残した。 活動歴12年。リアルな現場からの支持を掴んで離さない骨太なスタイルは正統派と称される。言霊を信じ、力強くラップで表現するメッセージ性は唯一無二。 現在、1st ALBUM「美咲紫」に継ぐ2nd ALBUMのリリースを2019年9月に控えている。

椿の他リリースはこちら(アーティストページ)