土気シビックウインドオーケストラ、「フォスターミュージック コンクール自由曲選11「虹色アンダーカレント」」を配信開始

2019.10.4

土気シビックウインドオーケストラが「フォスターミュージック コンクール自由曲選11「虹色アンダーカレント」」を配信開始

土気シビックウインドオーケストラの「フォスターミュージック コンクール自由曲選11「虹色アンダーカレント」」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「フィアナの騎士」「虹色アンダーカレント ~吹奏楽のための」「若き英雄の挑戦 4四桂馬」「天と地の祈り」「衝撃の青」「ファースト・キャロル」「燈心 ~ 茨木・千提寺の隠れキリシタンの信仰を標題として」「November 19 (Revised Edition)」となっている。

フォスターミュージック委嘱による書き下ろし2作品を含む新作全8曲を収録。 中橋愛生の「虹色アンダーカレント」は、表面には表れにくい人間の意識・感情などの微妙かつ連続的な変化や起伏が描かれています。 広瀬勇人の「フィアナの騎士」は、アイルランド・ケルト神話に登場するフィアナ騎士団の団長の半生を描いたドラマチックな作品です。 ほかフォスターミュージックでは初出版となる鹿野草平の最新作「若き英雄の挑戦 4四桂馬」や、昨年のコンクールでも注目を集めた作品も収められています。 ぜひこのアルバムからあなたのバンドのベストな自由曲を見つけて下さい。

なお「フォスターミュージック コンクール自由曲選11「虹色アンダーカレント」」は、iTunes、Spotify、Google Play Music、Amazon Music、Apple Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

フォスターミュージック コンクール自由曲選11「虹色アンダーカレント」
  • 1: フィアナの騎士

    土気シビックウインドオーケストラ & 加養浩幸

  • 2: 虹色アンダーカレント ~吹奏楽のための

    土気シビックウインドオーケストラ & 加養浩幸

  • 3: 若き英雄の挑戦 4四桂馬

    土気シビックウインドオーケストラ

  • 4: 天と地の祈り

    土気シビックウインドオーケストラ & 加養浩幸

  • 5: 衝撃の青

    土気シビックウインドオーケストラ & 加養浩幸

  • 6: ファースト・キャロル

    土気シビックウインドオーケストラ & 加養浩幸

  • 7: 燈心 ~ 茨木・千提寺の隠れキリシタンの信仰を標題として

    土気シビックウインドオーケストラ & 加養浩幸

  • 8: November 19 (Revised Edition)

    土気シビックウインドオーケストラ & 加養浩幸

配信開始日:2019-10-04

フォスターミュージック

ジャンル: インストゥメンタル

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, animelo mix, Apple Music, AWA, Deezer, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク, dミュージック月額コース, Google Play Music, iTunes, K-POP Life, KKBOX, LINE MUSIC, mora, Music Store powered by レコチョク, music.jp STORE, mysound, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, Prime Music, Rakuten Music, replay, SMART USEN, Spotify, YouTube Music, うたパス, ひかりTVミュージック, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク, レコチョク Best, 着信★うた♪by KONAMI

土気シビックウインドオーケストラ

1988年に「音楽を楽しもう!」を合言葉に、数名の有志によって千葉市土気町を拠点に創設。1994年には加養浩幸氏を音楽監督兼常任指揮者に迎え、以後、毎年の定期演奏会をはじめ、より幅広いお客さまへ向けたファミリーコンサート、アンサンブル演奏会、課題曲講習会等のモデルバンド、慰問演奏、音楽教室、地域行事、吹奏楽コンクール(全国大会へ10回連続出場、8回金賞受賞)など、意欲的な演奏活動を行う。また、全国各地からの依頼に応えて、これまでに北海道、横浜、山梨、香川、高知、金澤、松本、高崎、浜松、掛川への演奏旅行を行い、各地で好評を博す。 CDの製作については、メンバーにとっての記念であると同時に、「アマチュアイズム追求」の結晶をより多くの方々に聴いていただきたいという想いから、年に1回のセッション録音を今年までに13枚続けて実施し、13枚のアルバムを発売している。また、その中で外囿祥一郎、伊達弦、藤原亜美、原博巳、高橋敦、村田陽一、谷口英治、エリック・ミヤシロ、小谷口直子、新田幹男の各氏をお迎えし、共演を果たしている。 今後の更なる飛躍と発展を目指し、益々意欲的な活動を展開中である。

土気シビックウインドオーケストラの他リリースはこちら(アーティストページ)