Goose houseを巣立った4人によるPlay.Goose、新作では現時点での”答え(answer)”を表現

2019.10.29

Play.Gooseが「∞ Answers」を配信開始

Play.Gooseのアルバム『∞ Answers』が配信リリースされた。

2018年11月にGoose houseを巣立った工藤秀平、マナミ、沙夜香、ワタナベシュウヘイによるPlay.Goose。

本作では、その4人が過去にメンバーと共に生み出してきた曲で伝えたかったことへの現時点での“答え”(answer)を自ら表現していく、という思いが詰まった作品。『∞ Answers』のビジュアルでもある「84」を横に倒したようなマークには、Goose house時代にできなかった「83回目のYouTubeライブ」にけじめをつけ、「84」回のその先へと向かう決意、そして「無限大(∞)」と、4人がソロ活動などバラバラな方向を向いていても、4人揃えば無限の世界を進む道標としての「羅針盤(4)」になる、という意味が込められている。

その他にも、Play.Goose結成後まもなくリリースされた初オリジナル曲「Play this song」や、ブライダルジュエリー専門ブランド『アイプリモ』のCMソング「プロポーズ 2019」などが収録。

一部楽曲では、SMAPの「オレンジ」「Triangle」などの作詞作曲で知られる市川喜康と、一青窈の「ハナミズキ」などで知られるマシコタツロウをプロデューサーとして迎え、新しい音楽表現に挑んでいる。
 

なお「∞ Answers」は、iTunes、Spotify、Google Play Music、Apple Music、Amazon Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

∞ Answers
  • 1: Prelude (inst.)

    Play.Goose

  • 2: サケベミライヘ→

    Play.Goose

  • 3: Reversi

    Play.Goose

  • 4: プロポーズ 2019

    Play.Goose

  • 5: Count Up!

    Play.Goose

  • 6: Dawn of adventure (inst.)

    Play.Goose

  • 7: 海賊旗

    Play.Goose

  • 8: かくれんぼ

    Play.Goose

  • 9: Play this song

    Play.Goose

配信開始日:2019-10-29

Play.Goose

ジャンル: J-Pop

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, animelo mix, Apple Music, AWA, Deezer, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク ハイレゾ版, dミュージック月額コース, e-onkyo music, Google Play Music, iTunes, K-POP Life, KKBOX, LINE MUSIC, mora, mora ハイレゾ版, Music Store powered by レコチョク, Music Store powered by レコチョク ハイレゾ, music.jp STORE, music.jp STORE ハイレゾ版, mysound, mysound ハイレゾ版, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, OTOTOY ハイレゾ版, Prime Music, Rakuten Music, replay, SMART USEN, Spotify, YouTube Music, うたパス, ひかりTVミュージック, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ひかりTVミュージックアラカルトサービス ハイレゾ, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク, レコチョク Best, レコチョク ハイレゾ版, 着信★うた♪by KONAMI

Play.Goose

Play.Goose

シンガーソングライターが集い オンガクを奏でる家Goose houseのメンバーが 新企画Play.Gooseをスタート ハウスを飛び出し 一人一人が自由に個性的に 「世界一音楽を楽しむ場所」を 目指して音楽を紡いでいく

Play.Gooseの他リリースはこちら(アーティストページ)