栗山龍太、「Dream Weaver」を配信開始

2019.11.5

栗山龍太が「Dream Weaver」を配信開始

栗山龍太の「Dream Weaver」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「Dream Weaver」となっている。

ブラインドセーラーの岩本光弘さんは6年前、ニュースキャスターの辛坊さんと太平洋横断に挑戦しました。しかし航海6日目にクジラとぶつかり遭難、激しいバッシングに立ち上がれないほど辛く、また海が怖くなったそうです。しかし、自分が立ち上がり再挑戦することで勇気づけられる人が沢山いるはず、と気持ちを奮い立たせ2019年2月24日からアメリカサンディエゴを出発し、55日間をノンストップで太平洋横断をみごとに成し遂げました。そして到着地に震災で被害のあった福島県いわき市のいわきサンマリーナを選びました。少しでもいわきの人たちを元気づけようと、また彼らに「海は怖い物ではなくいいものだ」ともう一度思い出してほしい、という思いから着岸地に選んだようです。そのような思いをくんで、今回僕も音楽で2人を応援したいということから船の名前と同じ「ドリームウィーバー(夢を紡ぐもの)」という曲を作らせていただきました。岩本さんの人生観に触れ、寄り添いながら曲を作らせていただくことで僕も不撓不屈な精神を学ぶとともに、その強靭なメンタリティにエールを送りたくなりました。明日にかける思いを感じながら大海原を進むヨットと夕日を追いかける全盲セーラーの雄姿を思い浮かべながら、ロードムービーのエンディングのようなイメージで聞いていただけたらと思います。

なお「Dream Weaver」は、iTunes、Spotify、Google Play Music、Amazon Music、Apple Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

Dream Weaver
  • 1: Dream Weaver

    栗山龍太

配信開始日:2019-11-05

ジャンル: J-Pop

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, animelo mix, Apple Music, AWA, Deezer, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク ハイレゾ版, dミュージック月額コース, e-onkyo music, Google Play Music, iTunes, K-POP Life, KKBOX, LINE MUSIC, mora, mora ハイレゾ版, Music Store powered by レコチョク, Music Store powered by レコチョク ハイレゾ, music.jp STORE, music.jp STORE ハイレゾ版, mysound, mysound ハイレゾ版, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, OTOTOY ハイレゾ版, Prime Music, Rakuten Music, replay, SMART USEN, Spotify, YouTube Music, うたパス, ひかりTVミュージック, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ひかりTVミュージックアラカルトサービス ハイレゾ, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク, レコチョク Best, レコチョク ハイレゾ版, 着信★うた♪by KONAMI

栗山龍太

栗山龍太

みなさんこんにちは 僕は幼いころから音楽とともに生きてきました。 その集大成として、この”リアルビクトリー”を作曲しました。 2020年には全国民が待ち望んでいる、 東京オリンピック・パラリンピックが開催されます。 オリンピック・パラリンピックに出場するアスリートたちは、 はてしない毎日のつらい練習、挫折や失望感を乗り越え、 私たちに、多くの勇気・希望・感動を与えてくれます。 視覚障がいのある僕が、こんなにがんばっているパラアスリートたちに、 何ができるのかと考えたとき、 そんな彼らをなんとか応援したいという気持ちを この歌に込めることにしました。 僕が伝えたいこと、 それはさまざまな障がいがあっても いろんな形で、社会に還元していける存在であること、 そして障がいのある僕たちだからこそ、できることがある、 僕たちだからこそ、人の心を動かせるのだということなのです。 曲のタイトル”リアル・ビクトリー”(本当の勝利)にこめた想いは、 国籍・人種・障がいの有無にかかわらず、最善を尽くして戦いぬいた人 たちが、勝負の勝ち負けを超えたその先に出会う、 「共に認め合える」という心。 その尊い心こそが、これからの時代を動かすパワーの源であり、 リアル・ビクトリーではないかということなのです。 パラアスリートのみなさん、 どうぞ私たちに皆さんの雄姿を見せてください! 僕は、心の目で見ようと思います。 そしてみんなで、この「リアル・ビクトリー」を、東京の空に高らかに響かせましょう。 1976年大阪府高槻市に生まれる。11歳の時、緑内障により失明する。 2001年より筑波大学理療科教員養成施設を卒業後、横浜市立盲特別支援学校職員として、鍼灸手技療法をはじめ医療系全般の指導に当たっている。 ・2010年「僕の取り柄と盲導犬」のCDを全国にリリース、目標3000枚完売。 ・2013年NHKラジオ深夜便「明日への言葉」や各社紙面にとりあげられ、人権啓発イベントや講演活動を通して盲導犬との音楽活動を繰り広げる。 2017年4月「リアルビクトリー」をリリース。3頭目の盲導犬アンジーと活動を開始し、2020年の東京パラリンピックで歌うことを目標に再始動。 NPO法人絆プロジェクト2030合唱曲に決定 渋谷パラスポーツ草の根運動会テーマソングに決定 OBCラジオ大阪 話の目薬ミュージックソンエンディング曲に決定 毎日新聞ストーリーに掲載、その他朝日新聞、東京新聞、神奈川新聞などに掲載。 ラジオでは、東京FM,ラジオ日本、FM横浜、BayFMなどに出演。 情報番組NHKおはよう日本、ひるまえほっと、日本テレビ日テレアップデート ケーブルテレビ等出演。 Facebook にて一コマ漫画「龍太&アンジーの目も当てられない日々」連載開始 復興五輪をめざし聖火のスタート地点でもある福島県いわき市にてリアルビクトリー楽曲贈呈式を行う。 湯川れい子氏が審査員長を務める第16回ゴールドコンサート(国際フォーラム)本戦に出場。 合唱部門では、金沢少年少女合唱団をはじめ、合唱グループが取り組みをはじめる。 2019年9月教育芸術社「ヴァン」に掲載。大田桜子先生の編曲により新しい合唱譜面が作成され、全国の教育機関に配布される。 一方、琴・尺八による和楽器バージョン、英語バージョン、手話歌詞なども作成し、2020年おもてなしの心とともに、全ての人にメッセージが届くように活動を続ける。

栗山龍太の他リリースはこちら(アーティストページ)