Teruyuki Kurihara、「The Oblivion」を配信開始

2019.11.27

Teruyuki Kuriharaが「The Oblivion」を配信開始

Teruyuki Kuriharaの「The Oblivion」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「Window Modurations」「Aurora Shapes」「CODE」「Forest Way」「Listen Hear」「Oblivion」となっている。

東京在住、Teruyuki Kuriharaの通算4枚目となるフルアルバム。 このアルバムは「忘却」をテーマに制作されたギターアンビエント作品、全6曲で構成されています。 忘れゆくことで浮かび上がる人間の強さ・儚さ・ 弱さ ・愚かさを、ギターによって幾層にも重ねられたレイヤーで表現した、美しく思慮深い作品となっています。

なお「The Oblivion」は、iTunes、Spotify、Google Play Music、Apple Music、Amazon Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

The Oblivion
  • 1: Window Modurations

    Teruyuki Kurihara

  • 2: Aurora Shapes

    Teruyuki Kurihara

  • 3: CODE

    Teruyuki Kurihara

  • 4: Forest Way

    Teruyuki Kurihara

  • 5: Listen Hear

    Teruyuki Kurihara

  • 6: Oblivion

    Teruyuki Kurihara

配信開始日:2019-11-27

post global recordings

ジャンル: インストゥメンタル / エレクトロニック / ニューエイジ

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, animelo mix, Apple Music, AWA, Deezer, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク ハイレゾ版, dミュージック月額コース, e-onkyo music, Google Play Music, iTunes, K-POP Life, KKBOX, LINE MUSIC, mora, mora ハイレゾ版, Music Store powered by レコチョク, Music Store powered by レコチョク ハイレゾ, music.jp STORE, music.jp STORE ハイレゾ版, mysound, mysound ハイレゾ版, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, OTOTOY ハイレゾ版, Prime Music, Rakuten Music, replay, SMART USEN, Spotify, YouTube Music, うたパス, ひかりTVミュージック, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ひかりTVミュージックアラカルトサービス ハイレゾ, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク, レコチョク Best, レコチョク ハイレゾ版, 着信★うた♪by KONAMI

Teruyuki Kurihara

Teruyuki Kurihara

1979年生まれ、千葉県出身。トラックメーカー・ドローイングアーティスト。 数々のバンド活動を経て2007年よりエレクトロミュージックを軸とするソロプロジェクト 「Cherry」を始動。 2009年イギリス・ブリストルに拠点を置く優良エレクトロニックミュージックレーベル 「Four:Twenty」を皮切りに国内外問わず数々のレーベルから楽曲をリリース。 精力的に楽曲制作・楽曲提供・ライブ活動をこなす傍ら、2012年~2014年の2年弱をかけてオーストラリア、タイランド、イングランド、ドイツを巡り、旅の中で得たインスピレーションを基にドローイングを始める。 綿密な線とミニマルなデザインが特徴のユーモアな作品は、ドイツ・ベルリンでギャラリーを運営するキュレーターの目に留まり個展を開催。 帰国後、ヨーロッパを拠点に置くレコードレーベル 「HOLIC TRAX – MONOKLO」 シリーズや優良なハウスミュージックをリリースし続ける国内レーベル「UNKNOWN season」のレコードジャケットのイラストを担当。また「Re:birth Festival」「rural Festival」等で作品の展示やライブペインティングを行うなど音楽活動をもとより、作家活動と活躍の場を広げている。

Teruyuki Kuriharaの他リリースはこちら(アーティストページ)