秋山羊子、「狂った手」を配信開始

2019.12.25

秋山羊子が「狂った手」を配信開始

秋山羊子の「狂った手」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「夜のすごしかた (Cover)」「狂った手」「向かえのレストラン」「くそまじめ」「すき」「ヘルプ・ワン」「バッティングセンター (Live at 晴れたら空に豆まいて、東京、2007)」「コロッケパン (Live at 晴れたら空に豆まいて、東京、2007)」「ハテナ (Live at 晴れたら空に豆まいて、東京、2007)」「いたい (LIVE at マンダラ2、東京、2006)」を含む全12曲となっている。

秋山羊子3rdアルバム。前半は新曲のStudio Recording、後半はLive Recordingとなっています。 全曲梅津和時とのデュオという編成で、やり直しなしの一発録音作品です。 秋山羊子(vocal + piano)、梅津和時(clarinet + bassclarinet + altsax + sopranosax) 収録曲 ◎Studio Recordings side◎ 1. 夜のすごしかた 2. 狂った手 3. 向かえのレストラン 4. くそまじめ 5. すき 6. ヘルプ・ワン ◎Live Recordings side◎ 7. バッティングセンター 8. コロッケパン 9. ハテナ 10. いたい 11. 晴れ豆ソング 12. ジンギスカン

なお「狂った手」は、iTunes、Spotify、Apple Music、LINE MUSIC、Amazon Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

狂った手
  • 1: 夜のすごしかた (Cover)

    秋山羊子

  • 2: 狂った手

    秋山羊子

  • 3: 向かえのレストラン

    秋山羊子

  • 4: くそまじめ

    秋山羊子

  • 5: すき

    秋山羊子

  • 6: ヘルプ・ワン

    秋山羊子

  • 7: バッティングセンター (Live at 晴れたら空に豆まいて、東京、2007)

    秋山羊子

  • 8: コロッケパン (Live at 晴れたら空に豆まいて、東京、2007)

    秋山羊子

  • 9: ハテナ (Live at 晴れたら空に豆まいて、東京、2007)

    秋山羊子

  • 10: いたい (LIVE at マンダラ2、東京、2006)

    秋山羊子

  • 11: 晴れ豆ソング (Live at 晴れたら空に豆まいて、東京、2007)

    秋山羊子

  • 12: ジンギスカン (Live at 晴れたら空に豆まいて、東京、2007)

    秋山羊子

配信開始日:2019-12-25

HITSUJI LABO

ジャンル: オルタナティブ / フォーク / ポップ

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, animelo mix, Apple Music, AWA, Deezer, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク, dミュージック月額コース, Google Play Music, iTunes, K-POP Life, KKBOX, LINE MUSIC, mora, Music Store powered by レコチョク, music.jp STORE, mysound, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, Prime Music, Rakuten Music, SMART USEN, Spotify, YouTube Music, うたパス, ひかりTVミュージック, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク, レコチョク Best, 着信★うた♪by KONAMI

秋山羊子

秋山羊子

秋山羊子 (あきやまようこ/Yoko AKIYAMA) シンガーソングライター、ピアニスト。 北海道小樽市蘭島出身。 幼少よりクラシックピアノをはじめ、 10代からポップスの作曲をはじめる。 音楽大学に入学するも先生と確執。 クラシックピアノに限界を感じる。 大手音楽教室に就職するも3ヶ月で退社。 その後札幌でバレエピアニストとして生計を立てながら ピアノ弾き語りで活動を開始。 2001年に上京後は数々のオーディション、 コンペティションに参加し実績を残す。 現在まで5枚のアルバムをリリース。 全国各地に熱心なファンを持つ。 また、梅津和時、内橋和久、坂本弘道ほか即興畑の ミュージシャンとも多数共演したり、 同業の音楽家からのリスペクトも多くもらっている。 摂食障害、円形脱毛症、アトピー性皮膚炎など 長く体調不良がつづいたが、2015年に高齢出産。 現在は子育てしながらのマイペース活動中。 心の隙間からこぼれる感情を、時には寄り添うように、 時には抱きしめるように歌う。 歌い上げないナチュラルな歌唱、ピアノはデリケート&力強く、 和声とコード進行の微妙なニュアンスで心のヒダを表す。 和メロはあまり好まず、 キャッチーかつ上品なメロディを信条とする。

秋山羊子の他リリースはこちら(アーティストページ)