The Never Ever、「Ghosts & Ghouls」を配信開始

2020.1.4

The Never Everが「Ghosts & Ghouls」を配信開始

The Never Everの「Ghosts & Ghouls」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「Spiders」「Bad Guy」「In Or Out」「Let It Go」「Second Star To The Right」「At Sixes & Sevens」「Love's Got Me Tipsy」「Drop Dead Guilty」「Glow (Follow Me)」「Breathe」を含む全12曲となっている。

オーストラリのシドニーで結成され、その1年後にリリースしたファーストシングル”Hey KT”がオーストラリアのティーンの間で大ヒット!それは本国のディズニーチャンネルに出演する程にティーンに人気を博した。メンバーの見た目の良さもさることながら、 誰もが一度で覚えてしまいそうなキャッチーなメロディーが盛りだくさん!バンドのキャッチーな曲調として紅一点”キーター”のラニのサウンドが更に鮮やかに曲を色付ける。ソリッドでデジタルポップなサウンドが印象的な”Breathe”、映画のワンシーンのようなビデオも製作された名曲”In Or Out”では大合唱が起こる様が目に浮かぶようだ。

なお「Ghosts & Ghouls」は、Spotify、Google Play Music、Amazon Music、LINE MUSIC、Amazon Music Unlimitedなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

Ghosts & Ghouls
  • 1: Spiders

    The Never Ever

  • 2: Bad Guy

    The Never Ever

  • 3: In Or Out

    The Never Ever

  • 4: Let It Go

    The Never Ever

  • 5: Second Star To The Right

    The Never Ever

  • 6: At Sixes & Sevens

    The Never Ever

  • 7: Love's Got Me Tipsy

    The Never Ever

  • 8: Drop Dead Guilty

    The Never Ever

  • 9: Glow (Follow Me)

    The Never Ever

  • 10: Breathe

    The Never Ever

  • 11: Deja Vu

    The Never Ever

  • 12: Hey KT

    The Never Ever

配信開始日:2020-01-04

WAVE MASTER

ジャンル: エレクトロニック / オルタナティブ / ロック

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, animelo mix, AWA, Deezer, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク, dミュージック月額コース, Google Play Music, K-POP Life, KKBOX, LINE MUSIC, Music Store powered by レコチョク, music.jp STORE, mysound, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, Prime Music, Rakuten Music, SMART USEN, Spotify, YouTube Music, うたパス, ひかりTVミュージック, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク, レコチョク Best, 着信★うた♪by KONAMI

The Never Ever

The Never Ever

オーストラリアのシドニーにて2010年に結成された、今最もオーストラリアのティーンの間で人気を誇るバンドの一つである。2011年にはオーストラリアのディズニーチャンネルで取り上げられる程の人気を博した。その後、シンプル・プラン、イエロー・カード、ウィー・ザ・キングスなどの名だたる先輩達のサポートを行うなど勢力的に活動を行い、日本で今回リリースされるアルバムの収録曲である"In Or Out"はまるで映画のワンシーンのようなビデオでバンドとしても大きく成長を遂げた。また今作はニューヨークに渡りShep GoodmanとAaron Accetta (Foever the Sickest Kids, Cute Is What We Aim For, Bayside等)を手掛けるプロデューサーとレコーディングを行った意欲作である。

The Never Everの他リリースはこちら(アーティストページ)