FORMULA、「Let there be」を配信開始

2020.1.5

FORMULAが「Let there be」を配信開始

FORMULAの「Let there be」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「Let there be」となっている。

シンセとグリッチサウンドによる、新しいヘヴィスタイルのヒップホップ。

なお「Let there be」は、iTunes、Spotify、Apple Music、Amazon Music、Prime Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

Let there be
  • 1: Let there be

    FORMULA

配信開始日:2020-01-05

ジャンル: エレクトロニック / オルタナティブ / ヒップホップ/ラップ

配信ストア: Amazon Music, Apple Music, iTunes, Prime Music, Spotify

FORMULA

FORMULA

東京ベースで活動するエレクトロニック・ミュージックのプロデューサー。 Warp RecordsやYMOの影響を強く受け、幅広いジャンルのDJもこなす。 ユニーク且つ直球のサウンド、時にアトモスフィックでサイケデリックなサウンドスケープを、ヒップホップやブレイクビーツのスタイルを継承しつつ、魅惑的なビート上で表現する。 2020年内にアルバムを発表予定。

FORMULAの他リリースはこちら(アーティストページ)