DEFRIC、「Pulling Tide Dyed In The Sunset」を配信開始

2020.1.25

DEFRICが「Pulling Tide Dyed In The Sunset」を配信開始

DEFRICの「Pulling Tide Dyed In The Sunset」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「Hazy Heart」「Maybe It Was Boring」「Feel It Like」「Oldies」「Branco」「Walking On」「Breath Of Life」となっている。

なお「Pulling Tide Dyed In The Sunset」は、iTunes、Spotify、Apple Music、LINE MUSIC、Amazon Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

Pulling Tide Dyed In The Sunset
  • 1: Hazy Heart

    DEFRIC

  • 2: Maybe It Was Boring

    DEFRIC

  • 3: Feel It Like

    DEFRIC

  • 4: Oldies

    DEFRIC

  • 5: Branco

    DEFRIC

  • 6: Walking On

    DEFRIC

  • 7: Breath Of Life

    DEFRIC

配信開始日:2020-01-25

Bric Work Records

ジャンル: インストゥメンタル / エレクトロニック / ヒップホップ/ラップ

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, animelo mix, Apple Music, AWA, Deezer, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク, dミュージック月額コース, Google Play Music, iTunes, K-POP Life, KKBOX, LINE MUSIC, mora, Music Store powered by レコチョク, music.jp STORE, mysound, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, Prime Music, Rakuten Music, SMART USEN, Spotify, YouTube Music, うたパス, ひかりTVミュージック, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク, レコチョク Best

DEFRIC

DEFRIC

Tatsuya Ikehataは20年以上の作曲歴があり、2016より自主レーベルを立ち上げ自身の楽曲を配信し始める。ある日フリーダウンロードで配信したDJMixがメキシコで1日900ダウンロードに達する。それをきっかけに自身の曲が南米のいくつかのラジオ番組で再生される。日本の有名プロデューサー陣からも高評価を得る。海外のHouse系専門サイトに配信する度に曲が続々とチャート上位へランクイン。サイト運営者よりトップランカーと位置づけられる。Bric Work RecordsからHouse,Techno,EDM,Electrinica,Tropical House等の5枚のアルバムやシングルを続々と配信する。DJ活動も行い都内にてテクノパーティーのオーガナイザーも行っていた。しかしサンプラーSP404FXとの出会いによりダンスビートよりもChill OutなLofi Hiphopの心地よさに魅了され、2018年より「Defrixion」から「Defric」と名義を変更し音楽ジャンルも「Chill Hop」へ一新。ファーストアルバム「Chillin On The Beach」はHiphopとリラクゼーションミュージックをユニークな生活音と融合して作った美麗ビートミュージック。 現在も続々とChill Outな楽曲を配信中。

DEFRICの他リリースはこちら(アーティストページ)