森田収(Osamu.handpan)、「Back and Forth」を配信開始

2020.1.31

森田収(Osamu.handpan)が「Back and Forth」を配信開始

森田収(Osamu.handpan)の「Back and Forth」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「Back and Forth」となっている。

なお「Back and Forth」は、iTunes、Spotify、Apple Music、LINE MUSIC、Amazon Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

Back and Forth
  • 1: Back and Forth

    森田収(Osamu.handpan)

配信開始日:2020-01-31

ジャンル: インストゥメンタル / ニューエイジ / ワールド

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, animelo mix, Apple Music, AWA, Deezer, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク, dミュージック月額コース, iTunes, K-POP Life, KKBOX, LINE MUSIC, mora, Music Store powered by レコチョク, music.jp STORE, mysound, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, Prime Music, Rakuten Music, SMART USEN, Spotify, YouTube Music, うたパス, ひかりTVミュージック, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク, レコチョク Best, 着信★うた♪by KONAMI

森田収(Osamu.handpan)

森田収(Osamu.handpan)

Osamu Morita(森田収) ハンドパン/パーカッション 幼年期よりピアノと音楽初等教育を受ける。昭和音楽大学打楽器科卒。 10代から西洋音楽と共にキューバ、インド、ブラジル等の世界のハンドパーカッションも学んできた。幅の広いバックグラウンドを活かし、2014年頃からストリートを中心にハンドパンアーティストとしての活動を開始。各種イベント出演だけでなく、舞踊、ジャズ、三味線、劇などとのコラボを通じて、場面を問わずハンドパンやパーカッショニストとしての表現を開拓している。 ハンドパン普及活動として、海外メーカー"VIBE"のエンドーサー活動、ハンドパン教室、海外クリエイターの招聘、ハンドパンイベントのオーガナイズ、オムニバスアルバムのプロデュース等も手掛ける。メディア出演多数。 海外では2018-2019年オーストリア,ドイツ,タイ,台湾で演奏。 2017年CD ”Material” 発表 2018年CD "Serendipity"発表

森田収(Osamu.handpan)の他リリースはこちら(アーティストページ)