メテオール、「ワイズマン第3の眼」を配信開始

2020.2.5

メテオールが「ワイズマン第3の眼」を配信開始

メテオールの「ワイズマン第3の眼」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「ワイズマン第3の眼」となっている。

日本民謡の可能性を拡げ、その未来を体現するバンド・メテオールの2013年作品。 福島県民謡「会津磐梯山」を未来へと唄いつなぐテクノ民謡。

なお「ワイズマン第3の眼」は、iTunes、Spotify、Apple Music、Google Play Music、Amazon Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

ワイズマン第3の眼
  • 1: ワイズマン第3の眼

    メテオール

配信開始日:2020-02-05

Office GanaGona

ジャンル: ダンス / テクノ / 演歌/日本伝統

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, animelo mix, Apple Music, AWA, Deezer, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク, dミュージック月額コース, Google Play Music, iTunes, K-POP Life, KKBOX, LINE MUSIC, mora, Music Store powered by レコチョク, music.jp STORE, mysound, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, Prime Music, Rakuten Music, SMART USEN, Spotify, YouTube Music, うたパス, ひかりTVミュージック, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク, レコチョク Best, 着信★うた♪by KONAMI

メテオール

メテオール

1996年カズウこと山田カズミを中心に結成。幾度のメンバーチェンジを経て、今に至る。 CGアニメと音楽を融合させたパフォーマンスと民謡をベースにした歌唱、血湧き肉踊るエレキギターと純邦楽器 (三味線、尺八など)、そして鳴りやまぬ電子音。最も日本的で全く比類なき『日本』の音楽を作りだす。 日本民謡に現代的、SF的な解釈を加え、日本の民謡を未来へと唄いつなぐ。 ライブハウス、民謡イベントなどに出演中。

メテオールの他リリースはこちら(アーティストページ)