standingwave hiroyuki、「but I can live」を配信開始

2020.2.14

standingwave hiroyukiが「but I can live」を配信開始

standingwave hiroyukiの「but I can live」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「but I can live」となっている。

but I can live 皆で歌ってほしい! 手を叩いてほしい! 歌詞 別れを超えて 始まり感じて それでも生きてきた  明日も今日もずっと

なお「but I can live」は、iTunes、Spotify、Apple Music、Google Play Music、Amazon Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

but I can live
  • 1: but I can live

    standingwave hiroyuki

配信開始日:2020-02-14

さいななレコード

ジャンル: アイドル(男性) / アニメ/ゲーム / インストゥメンタル

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, animelo mix, Apple Music, AWA, Deezer, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク, dミュージック月額コース, Google Play Music, iTunes, K-POP Life, KKBOX, LINE MUSIC, mora, Music Store powered by レコチョク, music.jp STORE, mysound, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, Prime Music, Rakuten Music, SMART USEN, Spotify, YouTube Music, うたパス, ひかりTVミュージック, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク, レコチョク Best, 着信★うた♪by KONAMI

standingwave hiroyuki

standingwave hiroyuki

hiroyuki SATO 1982年5月16日生まれ 神奈川県出身 1995年、音楽をしている友人の演奏に合わせて歌を歌いはじめる。 2004年からスタンディングウェーブ名義で音楽活動を開始。 自ら作詞作曲をする。 オリジナル曲は、 warm your hands SUNNY DAY IN DECEMBER meaning of life ライブで披露された but I can live 僕なりのI LOVE YOU my hometown's summer 冬の代表曲 noticeなどがある。 近年では、 Youtubeでカヴァーライブアルバムの配信、主催ライブを行う。 2019年は15周年ライブを Youtubeで配信している。

standingwave hiroyukiの他リリースはこちら(アーティストページ)