Nicogi、「Urban Cruising」を配信開始

2020.2.15

Nicogiが「Urban Cruising」を配信開始

Nicogiの「Urban Cruising」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「Urban Cruising」となっている。

Urban Cruising 作曲:鈴木 哲 編曲:Nicogi 演奏:Nicogi 録音:2019年9月 Phasemation 使用マイク: AT-5045、 SM57 クルマのまばらな深夜の首都高速をユックリ流している1台のビンテージカー。六本木ヒルズを横目に、そしてレインボーブリッジを遠目にとらえながら家路につく。今日の出来事とあしたからの日々に想いをめぐらせて・・・ リズム隊なしのアコギ2本ではほぼありえない「ハネ」のリズムの楽曲。Nicogiはチャレンジャーなのです(笑)  オーディオブランド「Phasemation」の試聴室という、天井の高い広い空間での録音のため、アコギらしい太くナチュラルな響きが録れました。

なお「Urban Cruising」は、iTunesなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

Urban Cruising
  • 1: Urban Cruising

    Nicogi

配信開始日:2020-02-15

ファンダメンタル

ジャンル: インストゥメンタル

配信ストア: iTunes

Nicogi

Nicogi

ファンダメンタル株式会社が手掛ける音楽制作ビジネスの一翼をになうアコースティックギターデュオ。結成は2014年4月頃。共通のミュージシャンや、ライブの対バンを通じて知り合った、普段は別々のバンドで演奏活動をするタイプの異なる二人のギタリストが意気投合。自分たちが紡ぎだす音にこだわった音楽活動をすべく、原点回帰ともいえるアコースティック・ギターを採用したDuoスタイルのユニットを結成することとなる。以来、楽曲づくりやアレンジ、リハを繰り返しながら「Nicogi」オリジナルのスタイルを構築中。アコギならではの力強く、かつ繊細で、倍音をたっぷりと含んだニュアンス表現をモットーとする楽曲、演奏でオーディエンス(リスナー)を魅了する。 テクニカル面よりは、楽曲の良さ、叙情性や精神性で心象に訴えかけてゆく。腕利きレコーディングエンジニア 中村辰也をプロデューサー・エンジニアとして迎え、Co-プロデューサー・マネージャー そねゆうことともに Team Nicogi一丸となって、アットホームなライブや音質の良い録音物の提供など、幅広い活動をフットワーク軽く行ってゆく。

Nicogiの他リリースはこちら(アーティストページ)