草野華余子、「最後のページは開かずに」を配信開始

2020.2.25

草野華余子が「最後のページは開かずに」を配信開始

草野華余子の「最後のページは開かずに」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「最後のページは開かずに」となっている。

「最後のページは開かずに」 作詞・作曲・編曲/草野華余子 ----- Acoustic guitar:草野華余子  Guitar & Bass:堀江晶太  Drums:みっちゃん (岸田教団&THE明星ロケッツ)  Piano & strings arrangement:うたたね歌菜  ----- Mix Engineer:岸田 (岸田教団&THE明星ロケッツ)  Mastering Engineer:Tadayoshi Moriya (A.O.M.Corporation)

なお「最後のページは開かずに」は、iTunes、Spotify、Apple Music、LINE MUSIC、Amazon Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

最後のページは開かずに
  • 1: 最後のページは開かずに

    草野華余子

配信開始日:2020-02-25

KALANCHOE RECORDS

ジャンル: J-Pop / ロック / 歌謡曲

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, animelo mix, Apple Music, AWA, Deezer, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク, Google Play Music, iTunes, K-POP Life, KKBOX, LINE MUSIC, mora, Music Store powered by レコチョク, music.jp STORE, mysound, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, Prime Music, Rakuten Music, SMART USEN, Spotify, うたパス, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク, 着信★うた♪by KONAMI

草野華余子

草野華余子

草野 華余子 : クサノカヨコ “ただのオタクですが、勇気を出してロックやってます” 大阪府出身・東京都在住、シンガーソングライターときどき作詞作曲家。3歳の頃から ピアノと声楽を始め、中学生の頃に出会ったJ-ROCKシーンのバンドサウンドに衝撃を受け、18歳の大学進学を機にバンド活動を始める。バンド解散後、2007年頃から「カヨコ」として活動を開始。 包み込むように優しく人間味溢れる歌詞と、卓越した唯一無二のメロディセンスが持ち味。聴く人の背中を押すような、力強いライヴ力にも定評がある。 自身の活動に加え、そのメロディの力強さが認められ、LiSAを始めとする数多くのアーティストやアニメ作品への楽曲を提供。 平成最後の誕生日である2019年2月25日、「アーティストの自分と普段の自分の隔たりが消えひとつになり、本名を背負っていく覚悟が出来た」という理由により、活動名を「カヨコ」から本名の「草野華余子」に改名。

草野華余子の他リリースはこちら(アーティストページ)