Cutsigh、「SADistortion」を配信開始

2020.3.6

Cutsighが「SADistortion」を配信開始

Cutsighの「SADistortion」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「Cradle」「DEROLI」「de Ray (feat. Jody Tenku)」「Juanita」「Celeritas (feat. PALMECHO)」「Hepta Speculum (feat. PALMECHO)」「Dalliance」「Era-Sure」「Hepta Speculum DUB」「Circle of light」を含む全26曲となっている。

ロック・ギタリストのリーダー作品 / ソロ作品をあまり目にしなくなって久しい。メディアが、マスが、Eric Clapton、Jeff Beck、Jimmy Pageを“3大ギタリスト”と称した時代は過ぎ去った。現在もギタリストは数多存在するかもしれないが、孤独な表現者としてのロック・ギタリストはあまりに少ない。かつてはその行為自体がスリリングだったエレクトリック・ギターの演奏と技術を論じる場は、表層においては何かに付随するか、ニッチもしくはオブスキュアなものと言って差支えないだろう。スリリングな何かを、ギター演奏にフォーカスする以外にわたしたちは多く知り過ぎているのだ。ソロのロック・ギタリストとはすなわち、絶滅危惧種を意味する。当人にとってもハイリスクな選択だろう。だが『SADistortion』からは、“現行の”孤独なエレクトリック・ギタリストによる孤独な表現が零れ落ちる。 AUDIO ACTIVEがレゲエ / ダブのカテゴリにおいて真にイノヴェイティヴな存在であり、フィールドを越境して常に最前線を張ったバンドでもあることに誰も異論はないはずだ。Cutsighがこれまでに邂逅を果たした面々もまた、既存のスタイルを更新する仕事で知られる人物ばかりだ。そのイメージと培った技術 / アイディアはキープしながらも、より内面 / 記憶にダイヴしてゆくCutsighのソロ・ギター。記憶とは、その人そのもの、オリジナルを意味する。ポストパンク / ニューウェイヴの騒乱を通過したからこそ得られたと言えるVini Reilly(THE DURUTTI COLUMN)のスタイルが最も重なるが、長年身を捧げたダビーな音像や、敬愛するJeff Beckの姿を見出すのも難しくはないだろう。無類の読書家である事実も大きく影響しているはずだ。NANAO(dr)、PALMECO(dr)、Jody Tenku(g)、tone.らゲスト演奏陣、そして『LOOP』に引き続きカヴァー・アートを手掛けるSHOHEIの存在は、外部記憶として河西裕之という人物の像に輪郭を添えている。

なお「SADistortion」は、iTunes、Spotify、Apple Music、LINE MUSIC、Amazon Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

SADistortion
  • 1: Cradle

    Cutsigh

  • 2: DEROLI

    Cutsigh

  • 3: de Ray (feat. Jody Tenku)

    Cutsigh

  • 4: Juanita

    Cutsigh

  • 5: Celeritas (feat. PALMECHO)

    Cutsigh

  • 6: Hepta Speculum (feat. PALMECHO)

    Cutsigh

  • 7: Dalliance

    Cutsigh

  • 8: Era-Sure

    Cutsigh

  • 9: Hepta Speculum DUB

    Cutsigh

  • 10: Circle of light

    Cutsigh

  • 11: Waltz for Days Gone

    Cutsigh

  • 12: Lapse of memory

    Cutsigh

  • 13: SADistortion

    Cutsigh

  • 14: ATGC

    Cutsigh

  • 15: Shadows

    Cutsigh

  • 16: Tunnel (feat. Jody Tenku)

    Cutsigh

  • 17: Stem Siren

    Cutsigh

  • 18: nuizzz

    Cutsigh

  • 19: SADistortion+ (feat. Nanao)

    Cutsigh

  • 20: Oblivion

    Cutsigh

  • 21: Filmy (feat. Jody Tenku)

    Cutsigh

  • 22: Shura bula (feat. Jody Tenku)

    Cutsigh

  • 23: Filmy Gossip (feat. Jody Tenku & PALMECHO)

    Cutsigh

  • 24: Mensch

    Cutsigh

  • 25: Zone Zero (feat. tone.)

    Cutsigh

  • 26: 100years of Solitude

    Cutsigh

配信開始日:2020-03-06

Phaseworks

ジャンル: インストゥメンタル / テクノ / ロック

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, animelo mix, Apple Music, AWA, Deezer, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク ハイレゾ版, dミュージック月額コース, e-onkyo music, Google Play Music, iTunes, K-POP Life, KKBOX, LINE MUSIC, mora, mora ハイレゾ版, Music Store powered by レコチョク, Music Store powered by レコチョク ハイレゾ, music.jp STORE, music.jp STORE ハイレゾ版, mysound, mysound ハイレゾ版, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, OTOTOY ハイレゾ版, Prime Music, Rakuten Music, SMART USEN, Spotify, YouTube Music, うたパス, ひかりTVミュージック, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ひかりTVミュージックアラカルトサービス ハイレゾ, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク, レコチョク Best, レコチョク ハイレゾ版, 着信★うた♪by KONAMI

Cutsigh

Cutsigh

AUDIO ACTIVE、MELONMANの一員として知られ、DRY & HEAVY、DOOOMBOYS、FORCE OF NATUREでの客演、Jemapurと組んだ“DELMAK”、勝井祐二(ROVO)とのデュオ“St.Rings”などでの活動のみならず、ソロのコンポーザー / プレイヤーとしても活動するギタリスト。2011 年に初のソロ・アルバム『Pipedreams』をカセットテープ・フォーマットで発表。2015年にはイラストレーター・Shohei Otomoとのコラボレーション・プロジェクト“LOOP”をスタートし、ヴァイナル作品『LOOP』のリリースに加えて各地でのエキシビションも展開。エキシビションは日本国内に留まらず海外からも招聘され、2017年に仏パリにて開催。2018年8月にはセカンド・アルバム『SADistortion』を発表。ギタリストという枠には収まらない多彩な表現で、国内外で活動している。

Cutsighの他リリースはこちら(アーティストページ)