Free As Birds、「LAST CAMPANELLA」を配信開始

2020.3.9

Free As Birdsが「LAST CAMPANELLA」を配信開始

Free As Birdsの「LAST CAMPANELLA」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「Ouverture」「Twilight Zone」「Demonic Force」「Memento Mori」「Wings Of Wishes」「Evidence I Existed」「Relieve You」「March On」「Cold Memories, Machine Heart」「蝋人形の館(カバー)」となっている。

五枚目にして実質的なベストアルバム。 今まではソロプロジェクトだったがバンドメンバーが集い、激アツのアルバムを創り上げた! 過去の曲をブラッシュアップし、新曲も携え、洗練されたサウンドとテクニックは決して裏切らない。 メロスピファン必聴! 発足からも五年。ようやく辿り着いたこの壁は、次はきっと越えられない。 Track Lists 01. Ourverture 02. Twilight Zone 03. Demonic Force 04. Memento Mori 05. Wings of Wishes 06. Evidence I Existed 07. Relieve You 08. March On 09. Cold memories, machine heart 10. 蝋人形の館 (COVER) ※R-1900181 Member Lloyd Scarlet…Vocal, Keyboard, etc Higaxi…Guitar (Support) Hiroki Higashide…Bass (Support) Pill Sato…Drum (Support) Guests 函丞蒸汽様…(Jacket Illust)

なお「LAST CAMPANELLA」は、iTunes、Spotify、Apple Music、LINE MUSIC、Amazon Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

LAST CAMPANELLA
  • 1: Ouverture

    Free As Birds

  • 2: Twilight Zone

    Free As Birds

  • 3: Demonic Force

    Free As Birds

  • 4: Memento Mori

    Free As Birds

  • 5: Wings Of Wishes

    Free As Birds

  • 6: Evidence I Existed

    Free As Birds

  • 7: Relieve You

    Free As Birds

  • 8: March On

    Free As Birds

  • 9: Cold Memories, Machine Heart

    Free As Birds

  • 10: 蝋人形の館(カバー)

    Free As Birds

配信開始日:2020-03-09

ジャンル: ヘビーメタル / ロック

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, animelo mix, Apple Music, AWA, Deezer, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク, dミュージック月額コース, Google Play Music, iTunes, K-POP Life, KKBOX, LINE MUSIC, mora, Music Store powered by レコチョク, music.jp STORE, mysound, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, Prime Music, Rakuten Music, SMART USEN, Spotify, YouTube Music, うたパス, ひかりTVミュージック, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク, レコチョク Best, 着信★うた♪by KONAMI

Free As Birds

Free As Birds

Free As Birdsは音楽サークルとバンド、2つの部門からなる組織です。FMラジオや即売会への参加、PCゲームのBGM担当の他、フェス参戦やライブ活動を行っています。 楽曲はメロディックパワーメタルを基盤に、キャッチーなサウンドとメロディ、英語の歌詞を用いている。

Free As Birdsの他リリースはこちら(アーティストページ)