高野 陽子、「てぃんさぐぬ花」を配信開始

2020.3.19

高野 陽子が「てぃんさぐぬ花」を配信開始

高野 陽子の「てぃんさぐぬ花」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「てぃんさぐぬ花」となっている。

2010年にリリースしたファーストアルバム『Leem リーム』に収録。沖縄で古くから親しまれている民謡、教訓唄。『鳳仙花の紅色を爪先に染めるように、親の教えは深く心に染めなさい』と、親から子への深い愛情を歌っています。 ピアノと歌で紡いだモダンでやさしい味わいです。

なお「てぃんさぐぬ花」は、iTunes、Spotify、Apple Music、LINE MUSIC、Amazon Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

てぃんさぐぬ花
  • 1: てぃんさぐぬ花

    高野 陽子

配信開始日:2020-03-19

hasuoto music

ジャンル: ニューエイジ / フォーク / ワールド

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, animelo mix, Apple Music, AWA, Deezer, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク, dミュージック月額コース, Google Play Music, iTunes, K-POP Life, KKBOX, LINE MUSIC, mora, Music Store powered by レコチョク, music.jp STORE, mysound, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, Prime Music, Rakuten Music, SMART USEN, Spotify, YouTube Music, うたパス, ひかりTVミュージック, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク, レコチョク Best, 着信★うた♪by KONAMI

高野 陽子

高野 陽子

歌手。アイルランド、スコットランド、スペインのガリシア地方などケルト文化圏の伝承歌や沖縄の島唄を中心に、様々な地を旅して出会った物語やメッセージを歌い継ぐ。 高校時代よりバンドで歌い始め、ゴスペル・クワイアでの活動を経て、2004年のアイルランドへの旅を機に、ケルト音楽に惹かれ傾倒。度々ケルト文化地域を訪れ、研鑽を積む。 近年はスペインの国際ケルト音楽祭をはじめ、欧州各地のフェスティバル出演、海外ツアーも精力的に行っている。 ライアー(竪琴)や沖縄三線の弾き語りソロ、ケルト音楽ユニット、様々なアーティストとのコラボレーションなど、音楽を通じて、国、民族、宗教など、あらゆる垣根を越えて繋がり、調和する世界を目指しながら、国内外で活動中。 2010年 ファーストCD「Leem」発売。 2018年4月、セカンドCD「Moruadhモルーア~海の歌い手」発売。 関西ケルト・アイリッシュ音楽コンピレーションCD「CELTSITTOLKE/ケルトシットルケ」Vol.4 、Vol.6に参加。 大阪在住。

高野 陽子の他リリースはこちら(アーティストページ)