5lack、「この景色も越へて」を配信開始

2020.3.20

5lackが「この景色も越へて」を配信開始

5lackの「この景色も越へて」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「Who Said it (feat. 仙人掌)」「Grind the Brain」「道端にて」「俺の成り立ち」「あの丘の上で」「ヒーローは日曜日に眠る」「裸の王様」「フレンズ」「透明少女 (feat. Maccho)」となっている。

5lackが新作「この景色も越へて」リリース決定!! 前作から大きな空白期間もなく発表となる今作「この景色も越へて」は、前作「KESHIKI」の続編的作品。先行シングル配信も行った「Grind the Brain」を始め、「俺の成り立ち」などは、トラップなどの近年の流行を一切無視したブーンバップ的な作風が中心となっている。本人もモデルとして出演した、アディダスのキャンペーン曲「フレンズ」などメロウナンバーも多数収録されており、中でもOZROSAURUSのMacchoを客演に迎えた「透明少女」は、スラックの癖のある歌唱と絶妙なトラックセンスが堪らない哀愁漂う極上R&Bナンバーに仕上がっている。  やはりこの男、やる事なす事何を考えているか解らない。 だが、この作品からもある種の正解を感じてしまうのは私だけではないだろう。

なお「この景色も越へて」は、iTunes、Spotify、Apple Music、LINE MUSIC、Amazon Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

この景色も越へて
  • 1: Who Said it (feat. 仙人掌)

    5lack

  • 2: Grind the Brain

    5lack

  • 3: 道端にて

    5lack

  • 4: 俺の成り立ち

    5lack

  • 5: あの丘の上で

    5lack

  • 6: ヒーローは日曜日に眠る

    5lack

  • 7: 裸の王様

    5lack

  • 8: フレンズ

    5lack

  • 9: 透明少女 (feat. Maccho)

    5lack

配信開始日:2020-03-20

高田音楽制作事務所

ジャンル: ヒップホップ/ラップ

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, animelo mix, Apple Music, AWA, Deezer, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク, dミュージック月額コース, Google Play Music, iTunes, K-POP Life, KKBOX, LINE MUSIC, mora, Music Store powered by レコチョク, music.jp STORE, mysound, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, Prime Music, Rakuten Music, SMART USEN, Spotify, YouTube Music, うたパス, ひかりTVミュージック, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク, レコチョク Best, 着信★うた♪by KONAMI

5lack

5lack

5lack a.k.a 娯楽(またはs.l.a.c.k.)。日本東京出身のラッパーであり、それと同時にトラックメイカーでもある。前作、アルバム『夢から覚め。』の高評価、高セールスの記録。そして2015.11.29から地上波で放送されているNTTドコモによる2020年東京オリンピックのキャンペーンCM"Style '20"への起用や、ロックバンド・RADWIMPSの野田洋次郎によるソロプロジェクト・illionの先行シングル & アルバムにラッパーとしてフィーチャリングされるなど記憶に新しい。東京、福岡、その他数カ所に拠点を持ち、現在も日本国内を中心に5lackの音楽は広がり続けている。彼を知らずに日本のHIPHOPは語りきれない。

5lackの他リリースはこちら(アーティストページ)