tact、「Let it be what it should be」を配信開始

2020.3.30

tactが「Let it be what it should be」を配信開始

tactの「Let it be what it should be」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「Let it be what it should be」となっている。

なお「Let it be what it should be」は、iTunes、Amazon Music、dミュージック powered by レコチョク、レコチョク、dヒッツ powered by レコチョクなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

Let it be what it should be
  • 1: Let it be what it should be

    tact

配信開始日:2020-03-30

square records

ジャンル: パンク

配信ストア: Amazon Music, animelo mix, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク ハイレゾ版, e-onkyo music, iTunes, K-POP Life, mora, mora ハイレゾ版, Music Store powered by レコチョク, Music Store powered by レコチョク ハイレゾ, music.jp STORE, music.jp STORE ハイレゾ版, mysound, mysound ハイレゾ版, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, OTOTOY ハイレゾ版, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ひかりTVミュージックアラカルトサービス ハイレゾ, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク, レコチョク ハイレゾ版, 着信★うた♪by KONAMI

tact

tact

2013 年、1st mini album「Reminds」をリリースし、絶大なセールスを残すもリリースツアー 後、2014 年惜しくも解散を発表。解散から 3 年の時を経て、結成当初のオリジナルメンバー で完全復活を遂げ、復活後初のライブではソールドアウト。今作「Retrace」は解散後の3 年間、各々のバンド活動の中でさらに磨き上げられたセンスと宇都宮のバンドならではの グッドメロディ、tact にしか出せない哀愁感、グルーヴ感を兼ね備え、完全なる進化を遂 げた1枚。現代のメロディックパンクシーンを塗り替える1枚になること間違い無し。再 び、日本のメロディックパンクシーンを築き上げるであろう哀愁3ピースメロディックパ ンク「tact」完全復活!

tactの他リリースはこちら(アーティストページ)