Térra、「bridge」を配信開始

2020.4.20

Térraが「bridge」を配信開始

Térraの「bridge」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「STAND OUT」「New Day」「b.l.u.e」「wish」「shonen」「eternal love」「Starting Over」「roman&romantic」「樹海と空と心の居場所」「wish (Karaoke Ver.)」を含む全15曲となっている。

岡本真来(vo)、黒須克彦(b)、大村秀哉(ds)の三人によって98年に結成されたポップ・バンド、Te′rraのファースト・アルバム。 バンド結成当時から、全国でストリート・ライヴをしていたという叩き上げの彼ら。 アマチュア・バンドとしては異例のライヴ・ハウス動員記録を作った。そういった音質が、このアルバムには色濃く反映されている。 つまり、ライヴ感覚であり、飾り気のない温もりと親近感だ。 一概には決めつけられないが、これまでリリースされた3枚のシングルのほか、アルバムに収録されている全15曲中4曲に何らかのタイアップがついているのも、彼らへ寄せる期待の表われなのかもしれない。 粗削りに聴こえるサウンドは訥々と紡ぎ出される素直なメロディ・ラインと詞の世界にマッチして、むしろ新鮮に感じられる。 隙間のない音作りが当たり前になった今の音楽ビジネスの中で、ここまで徹底するには相当の勇気と開き直りが必要だったはず。 そこが小気味いい。 (小林泰介) --- 2000年01月号 -- 内容 (「CDジャーナル・レビュー」より)

なお「bridge」は、iTunes、Spotify、Apple Music、LINE MUSIC、Amazon Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

bridge
  • 1: STAND OUT

    Térra

  • 2: New Day

    Térra

  • 3: b.l.u.e

    Térra

  • 4: wish

    Térra

  • 5: shonen

    Térra

  • 6: eternal love

    Térra

  • 7: Starting Over

    Térra

  • 8: roman&romantic

    Térra

  • 9: 樹海と空と心の居場所

    Térra

  • 10: wish (Karaoke Ver.)

    Térra

  • 11: shonen (Karaoke Ver.)

    Térra

  • 12: eternal love (Karaoke Ver.)

    Térra

  • 13: roman&romantic (Karaoke Ver.)

    Térra

  • 14: 樹海と空と心の居場所 (Karaoke Ver.)

    Térra

  • 15: HONEY (LIVE at shibuya street 1999)

    Térra

配信開始日:2020-04-20

black record

ジャンル: J-Pop / ポップ / ロック

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, animelo mix, Apple Music, AWA, Deezer, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク, dミュージック月額コース, Google Play Music, iTunes, K-POP Life, KKBOX, LINE MUSIC, mora, Music Store powered by レコチョク, music.jp STORE, mysound, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, Prime Music, Rakuten Music, SMART USEN, Spotify, YouTube Music, うたパス, ひかりTVミュージック, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク, レコチョク Best, 着信★うた♪by KONAMI

Térra

Térra

岡本真来(vo)、黒須克彦(b)、大村秀哉(ds)の三人によって98年に結成されたポップ・バンド。 バンド結成当時から、全国でストリート・ライヴをしていたという叩き上げの彼ら。アマチュア・バンドとしては異例のライヴ・ハウス動員記録を作った。 粗削りに聴こえるサウンドは訥々と紡ぎ出される素直なメロディ・ラインと詞の世界にマッチして、むしろ新鮮に感じられる。隙間のない音作りが当たり前になった今の音楽ビジネスの中で、ここまで徹底するには相当の勇気と開き直りが必要だったはず。そこが小気味いい。 (小林泰介) --- 2000年01月号 -- 内容 (「CDジャーナル・レビュー」より)

Térraの他リリースはこちら(アーティストページ)