倉沢よしえ、「東京」を配信開始

2020.4.22

倉沢よしえが「東京」を配信開始

倉沢よしえの「東京」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「東京」「マスター」「コンビニ」「一歩ずつ」となっている。

2019年3月にリリースしたミニアルバム。 バンド音源で手がけた、東京に上京して3年の思いを詰めた一作。 「東京」「マスター」はバンドアレンジ、「コンビニ」「一歩ずつ」は弾き語りの4曲入り。

なお「東京」は、iTunes、Spotify、Apple Music、LINE MUSIC、Amazon Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

東京
  • 1: 東京

    倉沢よしえ

  • 2: マスター

    倉沢よしえ

  • 3: コンビニ

    倉沢よしえ

  • 4: 一歩ずつ

    倉沢よしえ

配信開始日:2020-04-22

Yoshie Records

ジャンル: J-Pop / フォーク / ロック

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, animelo mix, Apple Music, AWA, Deezer, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク, dミュージック月額コース, Google Play Music, iTunes, K-POP Life, KKBOX, LINE MUSIC, mora, Music Store powered by レコチョク, music.jp STORE, mysound, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, Prime Music, Rakuten Music, SMART USEN, Spotify, YouTube Music, うたパス, ひかりTVミュージック, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク, レコチョク Best, 着信★うた♪by KONAMI

倉沢よしえ

倉沢よしえ

中島みゆきと竹原ピストルを敬愛する、宮崎県出身のシンガーソングライター。 沖縄の大学に進学した際に音楽と出会い、ギターの弾き語りを開始する。 その時期が東日本大震災直後であったため、唄うたいとして東北の被災地に何度も足を運ぶ。 東京に拠点を移した後も、被災地での経験を活かして、日本全国へその歌を届けている。

倉沢よしえの他リリースはこちら(アーティストページ)