3×4×S、「To The Top / Paint it Zero」を配信開始

2020.4.25

3×4×Sが「To The Top / Paint it Zero」を配信開始

3×4×Sの「To The Top / Paint it Zero」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「To The Top」「Paint it Zero」「To The Top (off strings)」となっている。

『三味線×チェロ』史上最強の和洋弦楽ユニット「3×4×S(さしす)」が 「SplatoonTopPlayers」主催大会に提供した『To The Top』『Paint it Zero』の2曲がついに配信開始! 頂きを目指し進み征く、すべての者へ捧ぐ讃美曲(アンセム)。

なお「To The Top / Paint it Zero」は、iTunes、Spotify、Apple Music、LINE MUSIC、Amazon Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

To The Top / Paint it Zero
  • 1: To The Top

    3×4×S

  • 2: Paint it Zero

    3×4×S

  • 3: To The Top (off strings)

    3×4×S

配信開始日:2020-04-25

ジャンル: J-Pop / アニメ/ゲーム / インストゥメンタル

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, animelo mix, Apple Music, AWA, Deezer, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク, dミュージック月額コース, Google Play Music, iTunes, K-POP Life, KKBOX, LINE MUSIC, mora, Music Store powered by レコチョク, music.jp STORE, mysound, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, Prime Music, Rakuten Music, SMART USEN, Spotify, YouTube Music, うたパス, ひかりTVミュージック, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク, レコチョク Best, 着信★うた♪by KONAMI

3×4×S

3×4×S

三本の絃と4本の弦、二つの弦楽(Strings)が交錯する新感覚ユニット、3×4×S(さしす)。 日本を代表する伝統楽器である三味線。奏するのは数多くの伝統舞台に立ちながら、その正体を明かせない狐面の三味線奏者、しゃみお。 一方西洋の伝統楽器、チェロを奏するのは、日本・オランダ・イギリスの音楽大学でチェロを学び、国内・国外コンクール受賞歴を多数持つチェリスト、ヌビア。 はじく単音、伸ばす長音。スローガンは「撥擦自在(ばっさつじざい)」 彼らは共に日本の音楽に対する閉塞感を打破すべく、海外に向けて発信を行うユニットである。 あくまで音楽を「音を楽しむ行為」と捉え、現代日本の音楽シーンに新たな風穴をあけるべく、真面目に不真面目をし、最高の技術で遊び尽くす。

3×4×Sの他リリースはこちら(アーティストページ)