泉 亮、「THE FIRST CRY」を配信開始

2020.4.28

泉 亮が「THE FIRST CRY」を配信開始

泉 亮の「THE FIRST CRY」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「INTRO-THE FIRST CRY」「All Night Cruising」「Dreamer」「I need a girl (feat. 佐藤広大)」「Like me? (remix)」「HERO」「Oh girl ~素直な愛をくれたのに~」「Loop (feat. LazySimon)」「Hold my hand」「interlude」を含む全11曲となっている。

北の大地が生んだ和製R&Bの真骨頂 天性のメロディ・メイカー 衝撃のプロローグ

なお「THE FIRST CRY」は、iTunes、Spotify、Apple Music、LINE MUSIC、Amazon Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

THE FIRST CRY
  • 1: INTRO-THE FIRST CRY

    泉 亮

  • 2: All Night Cruising

    泉 亮

  • 3: Dreamer

    泉 亮

  • 4: I need a girl (feat. 佐藤広大)

    泉 亮

  • 5: Like me? (remix)

    泉 亮

  • 6: HERO

    泉 亮

  • 7: Oh girl ~素直な愛をくれたのに~

    泉 亮

  • 8: Loop (feat. LazySimon)

    泉 亮

  • 9: Hold my hand

    泉 亮

  • 10: interlude

    泉 亮

  • 11: TWO (piano version)

    泉 亮

配信開始日:2020-04-28

SOUND FOUN Creative Crew

ジャンル: J-Pop / R&B/Soul / オルタナティブ

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, animelo mix, Apple Music, AWA, Deezer, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク, dミュージック月額コース, Google Play Music, iTunes, K-POP Life, KKBOX, LINE MUSIC, mora, Music Store powered by レコチョク, music.jp STORE, mysound, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, Prime Music, Rakuten Music, SMART USEN, Spotify, YouTube Music, うたパス, ひかりTVミュージック, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク, レコチョク Best, 着信★うた♪by KONAMI

泉 亮

泉 亮

『泉 亮』 Singer/Song Writer/Producer Ryoと音楽の出会いは3歳の時、はじめて触ったクラシックピアノだった。 その才能はすぐに開花し認められ、道内のピアノコンクールにおいて金賞など数々の素晴らしい結果を残し、10年間続けたピアノで音感と知識を身につけ、更に様々な音楽を聴いて歌って少年時代を音楽と共に過ごす。 元々歌う事が好きだった彼が、SOUL,R&Bといった音楽の黒人独特の伸びのある美しい歌声に憧れ、2002年コーラスデュオ「Amazing」としてMICを握りシンガーとしてのキャリアをスタートさせる。 当時札幌でR&Bアーティストの前例がほぼ無い中、地元札幌を中心に道内のCLUB(旭川、苫小牧、室蘭、函館、etc)でライブを重ね、その歌唱力と圧倒的なパフォーマンスで人気を集め、数多くのステージに立ち今に至る。 2008年からはソロ活動に変更し、アーティスト「RYO」として自ら作詞作曲も手がけ、更に色の濃いシンガーへと進化していく。 各分野のディレクター陣、オフィシャルDJとしてトラックメーカーでもある「THE KIMURA FACE」を迎え『SOUND FOUN Creative Crew』を結成し、ライブパフォーマンス、トラックメイクもスキルアップし、更に活動の幅を広げている。 2009年12月には札幌限定発売のウエディングコンピレーションアルバム「BE HAPPY / FINCH」に3曲参加する。その中の1曲「はじめてのチュウ」のカバーアレンジはライブでも人気が高く、ファンからの支持も熱い。 2010年5月にはセルフプロデュースによる待望のオリジナル楽曲『This is Ryo-EP』を、配信サイト 「viBirth」からをリリースする。 同年6月には「iTunes store」からも配信開始し、札幌中心にその話題は広まり「viBirth MOBILE」のデイリーランキングで1位、2位、3位を独占するなど、その完成度とクオリティーの高さを実証する。 2011年10月「All Night Cruising」をリリース!! こちらも連日デイリーチャート1位を獲得し、改めて実力の高さを証明する。 コーラスには札幌を拠点に活動しているシンガー「Kana」と「佐藤広大」を迎え、息の合ったコーラスワークも聞き所の1つとなっている。 2012年3月第一弾デジタルシングルでは客演に「佐藤広大」を迎え、切ない男心を歌った『I need a girl』をリリース。 今作もデイリーランキング1位を獲得。 2013年6月にはウェディングソング「HERO」リリース。 こちらの楽曲も iTunes R&Bランキングで高い人気を見せつけ、同年11月に自身初となる待望の1st ALBUM「THE FIRST CRY」をリリース。 Amazonではリリース後に即完売などインディーズでは異例の実力を見せつけ、SOUND FOUN,C,Cとして更なるクオリティーの高さを実証している。 2014年4月9日 RYO率いるクリエイター集団「SOUND FOUN Creative Crew」と「北海道タワーレコード」との異例のコラボでワンコインシングルリリースが実現。 コンピレーションアルバムの企画をきっかけに長い間大事に歌い続けてきたカバーソング「はじめてのチュウ」。 今回は自身がトラックも全てリメイクを手がけ改めて正式にリリース! 今作も話題が沸騰し、品切れをおこす店舗も続出し、既に完売。 同年7月23日には北海道で活躍するシンガーEIMAYと共にスプリットニューシングル「Shine on my life」「ROCKSTAR」をリリース。 こちらも北海道内タワーレコード4店舗のみでの販売にも関わらずリリース初月で完売し人気の高さを証明している。 2015、今春より音楽プロデューサーとして北海道でアーティストを目指し、夢に向かう若者達のサポートも精力的にスタート。 プロデュース第一弾アーティストは北海道を拠点に活動中の19歳”笠原瑠斗”をデビューさせる等、業界からの信頼と実績も兼ね備えている。 北海道のミュージックシーンの最重要人物「Ryo」止まらない勢いに更なる活躍が期待されている。 その確実に進む1歩1歩で北海道から全国へ...

泉 亮の他リリースはこちら(アーティストページ)