slum、「アウトレット・ミー・ダウン」を配信開始

2020.5.3

slumが「アウトレット・ミー・ダウン」を配信開始

slumの「アウトレット・ミー・ダウン」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「ひとはみな議論が好き」「回転数」「せいくらべ」「みたことある」「逆手」「オンリー・フォー・ミー」「宿」となっている。

演奏:slum ゲストミュージシャン: ユッキィ、岡沢じゅん(ぐっとクルー) 録音:新美 正城 マスタリング:中村 宗一郎(PEACE MUSIC) 写真:中橋 広光 レーベルインフォ: slum、3人編成になってから初の音源ができました。野村和孝(PWRFL POWER)主宰のレーベル・Half Yogurtよりリリース!! フロム松本シティ、グニャリとした浮遊ギターと、トリプルボーカルのハニカミ過剰なコーラスワークが彩る7曲のいびつなインディポップス曲集。We don’t let you down! (がっかりさせないよ!) *COMENTS slumの新作音源を聴いています。 なんだかよくわからないけど、ため息と、鳥肌が次々やってきます。 この音楽ははたして、似たような時間を過ごしてきたボク達の記憶の引き出しをまさぐっているのか、 とびきりの“ポップス”を掘り当てる為に、誰も気に留めなかった場所を掘り続けているのか。 いずれにしても彼らは夢中。 そしてその様子はとってもチャーミング。 と、そんな取り留めない考えが、極めて有機的なサウンドウェーブに押し流されていきました。 「まぁ、いっか。なんか楽しいな。」この得体の知れない幸福感が、より多くの人に届いたらいいな。 (ジ・オーパーツ / ネオンホール 小川哲郎) ギターはまぶしい星の瞬きの点々、 この澄んだ感じはどうしても彼らが活動する街、松本からの連想を呼んでしまうけど、 その洗練された街がもう少しおくれよとせがんだもの、 それがslumの透明な真面目さだったのかな。 真っ直ぐに歌われるユニゾン・コーラスの西側には北アルプスがそびえてる。 (SWEET DREAMS 福田教雄) 町を囲む山山から雪解け水が流れる。 目に見えないものが人々の意識を弄ぶ。 それが良い事にも悪い事にも作用する。 slumの音楽もまた、見えそうで見えないプリズムを通った光であり、 肌ざわりを確かめるように日々のあぁでも無いこうでも無い事を 蔑ろにせず彩ってくれるんだと思う。 (マッスルNTTなどズ / zing 吉田朝麻 ) 夜と孤独を感じて、満たされました。 (ヤング 高梨 哲宏) 初めて松本に行って、初めて見たバンドがslumです。なのでslumの出す音の感じは、僕の中で松本の空気感と強く結びついています。メロディやリズムなど色々グッときますが、みんなで歌うところもとても好きです。 (oono yuuki) 松本の最高アンバランスでグッドバランスな3人組「slum」から、 出来立てホヤホヤ待望の新譜『アウトレット・ミー・ダウン』が届きました。 グニャリとした浮遊ギターとハニカミ過剰なコーラスワークが彩る 7曲のいびつなインディポップス曲集。 一昨日届いてから、早速もう何度も何度も聴いておりますが、めちゃ良いです。 お世辞抜きで気に入っております。 ギターの音だけでも、ご飯3杯くらいは食べれるかもしれません。 詳しくは、ぜひ、このアルバムを聴いて確かめてみて下さい。 私の家、日当たりがあまり良くない座敷があるんです。日中でもちょっと薄暗いような。 今日みたいにめちゃくちゃ天気が良い日に、出来るだけ天気の良い日に、 あの部屋の畳の上に寝っ転がって、 うるさいとも心地よいとも言えるくらいのボリュームでこのアルバムを流して、 そのまま昼寝してしまいたいな。 (TOCA店主 / キャンドル作家 西牧隆行) ※TOCA Facebookページより転載

なお「アウトレット・ミー・ダウン」は、iTunes、Spotify、Apple Music、LINE MUSIC、Amazon Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

アウトレット・ミー・ダウン
  • 1: ひとはみな議論が好き

    slum

  • 2: 回転数

    slum

  • 3: せいくらべ

    slum

  • 4: みたことある

    slum

  • 5: 逆手

    slum

  • 6: オンリー・フォー・ミー

    slum

  • 7: 宿

    slum

配信開始日:2020-05-03

Half Yogurt

ジャンル: オルタナティブ / フォーク / ポップ

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, animelo mix, Apple Music, AWA, Deezer, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク, dミュージック月額コース, Google Play Music, iTunes, K-POP Life, KKBOX, LINE MUSIC, mora, Music Store powered by レコチョク, music.jp STORE, mysound, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, Prime Music, Rakuten Music, SMART USEN, Spotify, YouTube Music, うたパス, ひかりTVミュージック, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク, レコチョク Best, 着信★うた♪by KONAMI

slum

slum

2007年、長野県松本市にて結成されたフォークからUSインディへの橋渡しを試みたバンド。2012年からツインギターを基軸にした脱構築ポップ4人体制を改め、スリーピースバンドへ。2015年、アルバム『アウトレット・ミー・ダウン』の発売直後に休止。現在、池田諒は「ほいぽい」、新美正城は「TANGINGUGUN 」、喜多良介は「ベアーズマーキン」にてそれぞれ活動中。

slumの他リリースはこちら(アーティストページ)