FASE、「晴歌」を配信開始

2020.5.4

FASEが「晴歌」を配信開始

FASEの「晴歌」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「晴歌」「ツキアカリ」「各駅停車」となっている。

なお「晴歌」は、iTunes、Spotify、Apple Music、LINE MUSIC、Amazon Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

晴歌
  • 1: 晴歌

    FASE

  • 2: ツキアカリ

    FASE

  • 3: 各駅停車

    FASE

配信開始日:2020-05-04

ジャンル: J-Pop

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, animelo mix, Apple Music, AWA, Deezer, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク, dミュージック月額コース, Google Play Music, iTunes, K-POP Life, KKBOX, LINE MUSIC, mora, Music Store powered by レコチョク, music.jp STORE, mysound, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, Prime Music, Rakuten Music, SMART USEN, Spotify, YouTube Music, うたパス, ひかりTVミュージック, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク, レコチョク Best, 着信★うた♪by KONAMI

FASE

FASE

2013年、生きるために仕事をする毎日に「悪くはないけど満たされない!」と思い始める。そんな頃、とあるアーティストの音源を聞き涙する。 気づけばギターを買い、誰もいない路上で歌ってみる。この時すでに29歳。 上司に反対されながら仕事との両立をしながらで音楽活動を開始。2017 年までは細々と仕事に追われながらリハーサル無しで平日にライブをしている日々。 転機は初の東京ライブ。 2017 年に東京でライブをしたい。と思い立ち土日ライブが出来るBARをレンタルし、まだ対バンも決まってないのにイベントを解禁するとメール予約で40 人の予約が来て震える。急遽ワンマンライブに変更。 目には見えないが自分の音楽を好きで聞いていてくれる人がいる事を知る。自分の中で何かが変わる。 ただ、やる気を出した途端に台湾に異動を命じられる。 めげずに1 年間、毎週台湾から大阪へ来て路上ライブをするという偉業を成す。 毎週のストリートでろくに活動も出来てなのに自分に信じてついてきてくれる人達に背中を押される。 2018年8月、自分の環境を変える事を決断。 大人になっても夢は持ってもいいと信じミュージシャンに転職。

FASEの他リリースはこちら(アーティストページ)