the camps、「ハートファイターズ」を配信開始

2020.5.4

the campsが「ハートファイターズ」を配信開始

the campsの「ハートファイターズ」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「サッドパラダイス」「ラヴ・イン・ヘル」「君から歌が届いたよ」「ミスタージェラシー」「限りなくわがままに近い自由」「男のくせに泣いちゃった」「おぉ!群像劇」「ストリップダンサー」「ハートファイターズ」「サングラスに花束を」となっている。

オーティスブルー、キタノブルー、campsブルー、ブルーの系譜を継ぐのは俺達だ。 the campsの新作に寄せて                 3年くらい前に福岡に舞い戻ってきた頃のある日、1晩に2つのバンドを観たくてハシゴを敢行したんです。薬院のUTEROと親不孝のキースフラック。でUTEROの目当てのバンドを観て親不孝に向かおうとしたら蝉(福岡のサイケバンド)の岡崎さんが「あら?吉田君、キャンプズ観らんで帰ると?」って言うのです。「キャンプズ観らんで帰ると?」「キャンプズ観らんで帰ると?」「キャンプズ観らんで帰ると?」その言葉がサンプラーでループされるみたいな状態でその日は次の会場キースフラックに向かったのです。普段はですねネット等でスマホで撮ったようなライブ動画を観ない様にしてるんです。ネット動画観てがっかりして、ライブ観たらスゲーかっこいい!!っていう体験を何回もしてるので、そうしてるんです。岡崎さんのレコメンド・バンド、絶対に生で観たい!と。それから半年くらい経って目出度くキャンプズ初エクスペリエンス。ホントぶっ飛びましたよ。ボーカルの安増君は資料の文中で「美しさとか、切なさとか、正直よく分かんないけど、ただ歌うだけなのよ。」って言ってますが、わたしにはとてもじゃないが、そんなドライには聴こえないキャンプズの歌達。話しがまた逸れますけどね、正直今まで日本の映画はあまり観なかったんですね。日本語がつらくて。同じく日本語のロックもあまり聴いてこなかったんですね。日本語がつらくて。でもキャンプズの日本語ロックは別だ。格別だ、と思うんです。まあ当方メンヘラ中年男みたいな人間にはザックザクに突き刺さるだけのアンテナが立ちまくってるので、そうじゃない人や若者には映画(邦画)鑑賞的なスタンスを保てるのかもしれない。しかし、巨漢のラガーマンが大声で何かわめき散らしながらどかどかドラムを打ち鳴らし、イントロや間奏でリチャード・ロイドとロバート・クインが取っ組み合いしてるようなリードギターが鳴り響き、これまた巨漢のボーカリストが大きな体をよじらせ、くねらせ、悶えながら嗚咽にも聴こえるハミングやスクリーミングの美声を吐き散らし、え、これが映画鑑賞じゃ済まないでしょ!と思うのであります。ではジョニー・サンダースも降りてくるし、「君から歌が届いたよ」とかザ・チューリップの血統証チューンだし「ハートファイターズ」なんてシド・バレットですよ。要するに福岡に帰ってきたらもの凄く凄い最新型の正統派福岡ロック(あえてめんたいロックとは言わぬ)に出会ってしまった、というわけなんです。あと、長くてスミマセン、わたしは30代半ばくらいからライブの共演者や色んな他のバンドに嫉妬したり妬んだり、みたいなのができなくなり、日々マグロみたいな状態なんですがキャンプズは別!25年近く一度も岡崎さんに褒められた事がない自分としては、岡崎さんがレコメンドするキャンプズに強烈にヤキモチだ!(笑)そう、キャンプズ限定でミスタージェラシー。最後に「ストリップダンサー」っていう曲、ライブで聴いた(観た)時、ホント衝撃的でした。路地裏を這う様なベース音、ネオンサインみたいにディレイとリヴァーヴが暗ーい底の底を照らしてる。20分くらい聴けますよこのトラック。歌舞伎町だけじゃない、全国どこにでもあるんだこの風景は。 どうか全国のロックファンに「ハートファイターズ」が届きます様に。 吉田 肇 (PANIC SMILE、ヘッドエイクサウンズ) プロフィール

なお「ハートファイターズ」は、iTunes、Spotify、Apple Music、LINE MUSIC、Amazon Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

ハートファイターズ
  • 1: サッドパラダイス

    the camps

  • 2: ラヴ・イン・ヘル

    the camps

  • 3: 君から歌が届いたよ

    the camps

  • 4: ミスタージェラシー

    the camps

  • 5: 限りなくわがままに近い自由

    the camps

  • 6: 男のくせに泣いちゃった

    the camps

  • 7: おぉ!群像劇

    the camps

  • 8: ストリップダンサー

    the camps

  • 9: ハートファイターズ

    the camps

  • 10: サングラスに花束を

    the camps

配信開始日:2020-05-04

mepting internatiomal records

ジャンル: R&B/Soul / ポップ / ロック

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, animelo mix, Apple Music, AWA, Deezer, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク, dミュージック月額コース, Google Play Music, iTunes, K-POP Life, KKBOX, LINE MUSIC, mora, Music Store powered by レコチョク, music.jp STORE, mysound, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, Prime Music, Rakuten Music, SMART USEN, Spotify, YouTube Music, うたパス, ひかりTVミュージック, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク, レコチョク Best, 着信★うた♪by KONAMI

the camps

the camps

福岡在住ロックバンドthe camps。2011年5月、前野健太初の九州・山口ツアー「前野健太 九州・山口引きずり回しツアー」を企画。数会場で前野健太with the camps としてバックバンドを務めた。2012年5月、初の東京ツアーを敢行。無力無善寺で行われた《 前野健太withおとぎ話 VS the camps 》はソールドアウトするなど、各所で話題を呼んだ。 同年、3rdアルバム「ポップソング歌わせて」発売。前野健太が絶賛し「肉じゃがのような王道感」とコメントを寄せる。またモーサムトーンベンダーの百々和宏がカルチャー誌で「ポップソング歌わせて」を紹介するなど好評を博す。2013年には、漫画家・大橋裕之を迎え自主企画イベントを開催。また福岡の劇団サンピリの演劇「変身」に楽曲提供しアフターライブを行うなど、カルチャーを股にかけた活動を展開。 2016年2月にオルタナティブソウルアルバムの決定版4th「ハートファイターズ」発売。 これまでに豊田道倫、百々和宏とテープエコーズ、PANICSMILE、埋火、ザ・なつやすみバンド、シャムキャッツ、H Mountains、トリプリファイヤー、突然少年、DJ後藤まりこ等と共演。今最も期待されるロックバンドの一つ。

the campsの他リリースはこちら(アーティストページ)