Albino Red Eye、「inside」を配信開始

2020.5.5

Albino Red Eyeが「inside」を配信開始

Albino Red Eyeの「inside」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「inside」「sadness」「existence」「coldrain」となっている。

なお「inside」は、iTunes、Spotify、Apple Music、LINE MUSIC、Amazon Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

inside
  • 1: inside

    Albino Red Eye

  • 2: sadness

    Albino Red Eye

  • 3: existence

    Albino Red Eye

  • 4: coldrain

    Albino Red Eye

配信開始日:2020-05-05

ジャンル: オルタナティブ / ロック

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, animelo mix, Apple Music, AWA, Deezer, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク, dミュージック月額コース, Google Play Music, iTunes, K-POP Life, KKBOX, LINE MUSIC, mora, Music Store powered by レコチョク, music.jp STORE, mysound, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, Prime Music, Rakuten Music, SMART USEN, Spotify, YouTube Music, うたパス, ひかりTVミュージック, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク, レコチョク Best, 着信★うた♪by KONAMI

Albino Red Eye

Albino Red Eye

2007年2月にmakotoを中心に母体となるバンドを結成。 洋楽色の濃いオルタナティブな展開とラウドなサウンドが特徴的なバンド。 国内の様々なバンドと対バンをし、県内外で積極的なツアーなどライブ活動を行っていた。 それまでにも幾度かのメンバーチェンジがあったもののサポートを交えたりなどなんとか活動を継続していたが2013年、長年にわたり共に活動してきた固定メンバーが相次いで脱退し、完全な活動休止状態となる。 2014年8月、新たにメンバーを2名迎え、再始動するもすぐにメンバー脱退に伴い活動休止状態に戻る。 2020年に入り、ベースとドラムに新たなメンバーを迎え活動再開。現在はコロナウイルスの影響からライブなどができないため、音源配信のみで活動中。

Albino Red Eyeの他リリースはこちら(アーティストページ)