YUKITAKA、「Corona revolution」を配信開始

2020.5.7

YUKITAKAが「Corona revolution」を配信開始

YUKITAKAの「Corona revolution」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「Headban On The Inside」「Pail Rider」「Rage student」「New epoch」となっている。

なお「Corona revolution」は、iTunes、Spotify、Apple Music、LINE MUSIC、Amazon Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

Corona revolution
  • 1: Headban On The Inside

    YUKITAKA

  • 2: Pail Rider

    YUKITAKA

  • 3: Rage student

    YUKITAKA

  • 4: New epoch

    YUKITAKA

配信開始日:2020-05-07

Head-ban record Jp.Co.Ltd.

ジャンル: インストゥメンタル / ヘビーメタル / ロック

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, animelo mix, Apple Music, AWA, Deezer, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク, dミュージック月額コース, Google Play Music, iTunes, K-POP Life, KKBOX, LINE MUSIC, mora, Music Store powered by レコチョク, music.jp STORE, mysound, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, Prime Music, Rakuten Music, SMART USEN, Spotify, YouTube Music, うたパス, ひかりTVミュージック, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク, レコチョク Best, 着信★うた♪by KONAMI

YUKITAKA

YUKITAKA

10代でX japanの(Vanishing Vision)の感銘を受けてロックの世界に入る。その後、17歳の時に海外のメタルを聴かされ度肝を抜き(エレキギター)を始め邁進する。 18歳の時にベンチャーズなどを聴いてメタルとインストゥルメンタルの融合を模索して思案して行く。それから20年以上個人的にメタル・インストゥルメンタルを演奏し続け作曲する。30代の時に、ネオクラシックを研究している時に本格的にクラシックの作曲家にも興味を持ち音楽専門学校に入学する。学内では、初歩からパソコンで専属講師に教わりながらサウンドプロデュースやクラシックの作曲を2年間本格的に専攻する。2020年(自主レーベルHead-ban record jp.Co.Ltd.)『corona revolution』をコロナ騒ぎに便乗して念願の配信デビュー。

YUKITAKAの他リリースはこちら(アーティストページ)