長谷川健一、「月の涙」を配信開始

2020.5.8

長谷川健一が「月の涙」を配信開始

長谷川健一の「月の涙」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「透明なもの」「只の轍」「紅い空」「四月」「いいよ いいよ」「海をみつめて」「生活」「羽根give、花get」となっている。

なお「月の涙」は、iTunes、Spotify、Apple Music、LINE MUSIC、Amazon Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

月の涙
  • 1: 透明なもの

    長谷川健一

  • 2: 只の轍

    長谷川健一

  • 3: 紅い空

    長谷川健一

  • 4: 四月

    長谷川健一

  • 5: いいよ いいよ

    長谷川健一

  • 6: 海をみつめて

    長谷川健一

  • 7: 生活

    長谷川健一

  • 8: 羽根give、花get

    長谷川健一

配信開始日:2020-05-08

bud music,inc

ジャンル: J-Pop

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, animelo mix, Apple Music, AWA, Deezer, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク, dミュージック月額コース, Google Play Music, iTunes, K-POP Life, KKBOX, LINE MUSIC, mora, Music Store powered by レコチョク, music.jp STORE, mysound, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, Prime Music, Rakuten Music, SMART USEN, Spotify, YouTube Music, うたパス, ひかりTVミュージック, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク, レコチョク Best, 着信★うた♪by KONAMI

長谷川健一

長谷川健一

2007年ミニアルバム『凍る炎』、『星霜』をmap/comparenotesより二枚同時リリース。 2010年ファースト・フルアルバム『震える牙、震える水』をP-VINERECORDSよりリリース。 2011年「FUJI ROCK FESTIVAL」、「SWEET LOVE SHOWER」に出演。 歌が純粋に歌として響くことの力強さを湛える優しくも切ないその声は、聴くものを深遠な世界へといざなう。 京都が産んだ天才シンガー・ソングライターとして、多くのファンやアーティストから高い評価を得ている。 2013年Jim O’Rourke(ジム・オルーク)プロデュースによるセカンド・フルアルバム『423』をリリース。 同年12月、ASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文によるレコーディング・ディレクションとコーラス参加のもと、 珠玉のカバー集『my favorite things』をリリース。 2015年には、奈良を拠点に全国で活躍する3ピースロックバンドLOSTAGEとともにスプリット7インチ 『僕は今ここにいる / 遠くへ/砂の街』をリリース。 「PARASOPHIA・京都国際現代芸術祭2015」にて、やなぎみわSTP「舞台車上・中上健次ナイト2015」のコーディネート・ライブ演奏を務める。 12月、サード・フルアルバム『Breath』をリリース。 2017年5月6日、初のライブDVD作品となる『ノンマイクライブ at COTTAGE 2016.12.27』をリリース。 2020年、5年ぶりとなるアルバム『太陽の汗』『月の涙』を2作同時リリース。

長谷川健一の他リリースはこちら(アーティストページ)