BLAISE、「Let Me See」を配信開始

2020.5.9

BLAISEが「Let Me See」を配信開始

BLAISEの「Let Me See」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「Let Me See」となっている。

なお「Let Me See」は、iTunes、Spotify、Apple Music、LINE MUSIC、Amazon Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

Let Me See
  • 1: Let Me See

    BLAISE

配信開始日:2020-05-09

kiLLa

ジャンル: オルタナティブ / トランス / ヒップホップ/ラップ

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, animelo mix, Apple Music, AWA, Deezer, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク, dミュージック月額コース, Google Play Music, iTunes, K-POP Life, KKBOX, LINE MUSIC, mora, Music Store powered by レコチョク, music.jp STORE, mysound, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, Prime Music, Rakuten Music, SMART USEN, Spotify, YouTube Music, うたパス, ひかりTVミュージック, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク, レコチョク Best, 着信★うた♪by KONAMI

BLAISE

BLAISE

東京というメガロポリスの渋谷界隈を拠点とするグループ。時代を越境するストリートカルチャーをREPし多くのへッズに支持される存在。更には、ジャンルレスで本物を探して止まない音楽ファンの注目も集める展開をじわじわとみせ始めています。   Blaiseは、NYで活動するジャズマンの父と東京で料理の先生とダンサーをしている母をもつ1998年生まれ、現在22歳のラッパー。 6年のバスケのキャリアとともに2015年kiLLaクルー結成。 アレグロテンポでスピットピッチを上げて詰め技を磨きシャカパチるMC、ガンスリンガー系選手のラップもHiphopの醍醐味だけれど、バスより低いバス・オクタヴィスト級ボイスが超減速モーションの様でさえあるレントテンポで聴かせるラップテク、バリエーションの開拓、先週かけたNO MERCYでみせた「バッソ・ブッフォ」的役の好演。 意識的にか無意識かわからないけれど、日本語ラップのここから先の進化に、既存のアプローチとは別の角度から実は貢献している試みと姿勢、跳躍力、ポテンシャルの高さ。

BLAISEの他リリースはこちら(アーティストページ)