Alias、「Alias – 2020 Edition」を配信開始

2020.5.9

Aliasが「Alias - 2020 Edition」を配信開始

Aliasの「Alias - 2020 Edition」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「True」「ツメタイナミダ (Cold Tears)」「Freeze」「Here」「The World Is Mine」「追憶」「evermore」「巡 (Meguru)」「Lament (Instrumental)」「雪華 -Setsu ka-」を含む全12曲となっている。

2012年に台湾でリリースされたCD『Alias(エイリアス)』が、ストリーミング・ハイレゾ配信解禁! 2011年7月、Amazonのロックカテゴリベストセラー2位を獲得したミニアルバム『evermore』に未収録5曲をプラス。第1期Aliasの総括となる作品です。 About Alias : "Everything in the world is connected. Connections are so tight that anyone can break them off." (この世界は繋がっているんだよ。誰も断ち切れないほどに、強く──。) アジア圏でプロデュース活動を行うKiYO (@kiyonomo)と、アメリカ〜ヨーロッパで活躍するTomo (@tomoasaha) 日米に住む2人の日本人ミュージシャンにより結成されたプロジェクト。 制作から公開までの全工程をWeb上で行い、斬新なプロモーションを次々と展開。リリース作品は全て音楽系SNS(ReverbNation、Facebook等)のランキング上位に君臨。MySpaceのダウンロードランキングにて2曲連続1位、Amazonではロックカテゴリベストセラー2位を獲得。 2012年にアジア最大級のロックフェス『Spring Scream(台湾・屏東県墾丁)』で初コンサート。同年5月にCDアルバム『Alias』を、台湾の大手レーベル「浮現 (Emerge Music)」からリリース。 第1期としての活動に幕を下ろし、現在は第2期Alias始動に向け充電中。 繊細で破壊的。クラシカルでオリエンタル。オーソドックスでもあり革新的。 何処にもカテゴライズされない、誰も追随できない新時代のロックバンド。 あらゆる衝動、無限の可能性とともにWebから世界へ──。 Official : http://facebook.com/aliasjapan

なお「Alias - 2020 Edition」は、iTunes、Spotify、Apple Music、LINE MUSIC、Amazon Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

Alias - 2020 Edition
  • 1: True

    Alias

  • 2: ツメタイナミダ (Cold Tears)

    Alias

  • 3: Freeze

    Alias

  • 4: Here

    Alias

  • 5: The World Is Mine

    Alias

  • 6: 追憶

    Alias

  • 7: evermore

    Alias

  • 8: 巡 (Meguru)

    Alias

  • 9: Lament (Instrumental)

    Alias

  • 10: 雪華 -Setsu ka-

    Alias

  • 11: evermore (Erhu Version)

    Alias

  • 12: 憧憬グラデーション

    Alias

配信開始日:2020-05-09

i2 Creative Japan

ジャンル: J-Pop / ロック / ワールド

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, animelo mix, Apple Music, AWA, Deezer, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク ハイレゾ版, dミュージック月額コース, e-onkyo music, Google Play Music, iTunes, K-POP Life, KKBOX, LINE MUSIC, mora, mora ハイレゾ版, Music Store powered by レコチョク, Music Store powered by レコチョク ハイレゾ, music.jp STORE, music.jp STORE ハイレゾ版, mysound, mysound ハイレゾ版, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, OTOTOY ハイレゾ版, Prime Music, Rakuten Music, SMART USEN, Spotify, YouTube Music, うたパス, ひかりTVミュージック, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ひかりTVミュージックアラカルトサービス ハイレゾ, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク, レコチョク Best, レコチョク ハイレゾ版, 着信★うた♪by KONAMI

Alias

Alias

Everything in the world is connected. Connections are so tight that anyone can break them of. (この世界は繋がっているんだよ。誰も断ち切れないほどに、強く──。) NYを拠点に人種・音楽性の壁を超えて様々なミュージシャンと共演し、世界最大級フェス"Bonnaroo Music and Arts Festival"や、全米TV番組出演など、多方面に活動展開中の日本人ギタリスト『Tomo Asaha』、 日本・大阪からあらゆるコンセプト/プロデュースワークに携わり、アジア圏においても多くのプロジェクトをこなす総合クリエイター『KiYO』、 幼少の頃より中国の伝統楽器「二胡」を操り、古典楽器の概念を覆しながら、ジャンルを飛び越えた活動を展開、国内のみならず本場中国においても数々のコンクールやコンテストで全て優秀な成績を収めてきた二胡界の寵児『KiRiKo』等を中心として、2009年に結成。 経歴・ジャンル・活動拠点の異なる日本人による、いかなる距離や制約も超えたJ-Rockプロジェクト。 制作からリリースまでWeb上で行い、公開作品は全て音楽系SNSランキング上位。 MySpaceのダウンロードランキングでは2曲連続1位、Amazon mp3ではロックカテゴリベストセラー2位を獲得。 「実在するミュージシャンによるWeb上のバーチャルバンド」という立ち位置から、斬新なプロモーションを次々と展開。 2012年4月、アジア最大級のロックフェス『Spring Scream2012(台湾)』において初ライブ、同年5月にはオリジナルCDアルバム『Alias』で、台湾デビューを果たす。 繊細でもあり破壊的。クラシカルでもありオリエンタル。オーソドックスでもあり革新的。 何処にもカテゴライズされない、誰も追随できない新時代のロックバンド。 あらゆる衝動と、無限の可能性を歌に乗せ、Webから世界へ──。

Aliasの他リリースはこちら(アーティストページ)