南澤大介、「ブラックホールと太陽の子どもたち」を配信開始

2020.5.11

南澤大介が「ブラックホールと太陽の子どもたち」を配信開始

南澤大介の「ブラックホールと太陽の子どもたち」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「太陽はおかあさん (feat. Aki詩音)」「ブラックホールと太陽の子どもたち (prologue)」「ブラックホールと太陽の子どもたち (jingle)」「みんなでおるすばん」「ブラックホール、やってくる」「食べられた月」「ブラックホール、さまよう」「食べられたオリオン座」「ブラックホール、襲撃する」「母の不安」を含む全16曲となっている。

(有)スペースサイト制作による、プラネタリウム番組「ブラックホールと太陽の子どもたち」のオリジナル・サウンドトラック。初投影は姫路科学館(2009)。

なお「ブラックホールと太陽の子どもたち」は、iTunes、Spotify、Apple Music、LINE MUSIC、Amazon Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

ブラックホールと太陽の子どもたち
  • 1: 太陽はおかあさん (feat. Aki詩音)

    南澤大介

  • 2: ブラックホールと太陽の子どもたち (prologue)

    南澤大介

  • 3: ブラックホールと太陽の子どもたち (jingle)

    南澤大介

  • 4: みんなでおるすばん

    南澤大介

  • 5: ブラックホール、やってくる

    南澤大介

  • 6: 食べられた月

    南澤大介

  • 7: ブラックホール、さまよう

    南澤大介

  • 8: 食べられたオリオン座

    南澤大介

  • 9: ブラックホール、襲撃する

    南澤大介

  • 10: 母の不安

    南澤大介

  • 11: ブラックホール、居眠りする

    南澤大介

  • 12: ほうき星

    南澤大介

  • 13: チェイス

    南澤大介

  • 14: ブラックホール、破裂する

    南澤大介

  • 15: ブラックホールと太陽の子どもたち (epilogue) [feat. Aki詩音]

    南澤大介

  • 16: 太陽はおかあさん (instrumental)

    南澤大介

配信開始日:2020-05-11

Big South Valley Music

ジャンル: インストゥメンタル / サウンドトラック

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, animelo mix, Apple Music, AWA, Deezer, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク, dミュージック月額コース, Google Play Music, iTunes, K-POP Life, KKBOX, LINE MUSIC, mora, Music Store powered by レコチョク, music.jp STORE, mysound, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, Prime Music, Rakuten Music, SMART USEN, Spotify, YouTube Music, うたパス, ひかりTVミュージック, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク, レコチョク Best, 着信★うた♪by KONAMI

南澤大介

南澤大介

1966年12月3日生。作・編曲家として、プラネタリウムや演劇、TVなどのサウンドトラック制作を中心に活動中。近作に、NHK教育TV「しらべてゴー!」(作曲)、フジTV「ブザービート」(ギター演奏)など。 高校時代にギターの弾き語りをはじめ、のちソロ・ギター・スタイルの音楽に傾倒。マイケル・ヘッジス、ウィリアム・アッカーマンら、ウィンダム・ヒル・レーベルのギタリストに多大な影響を受ける。1992年、TVドラマ「愛という名のもとに」サウンドトラック(作曲:日向敏文)への参加が、プロ・ギタリストとしてのデビュー。 ギター1本でロックやポップスの名曲を演奏したCD付き楽譜集「ソロ・ギターのしらべ」シリーズが累計35万部を突破(2010年現在)し、楽譜としては異例のベストセラーを続けている。

南澤大介の他リリースはこちら(アーティストページ)