おきつななこ & 重松壮一郎、「このほしのうた」を配信開始

2020.5.11

おきつななこ & 重松壮一郎が「このほしのうた」を配信開始

おきつななこ & 重松壮一郎の「このほしのうた」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「ひらり ひらり」「森を抜け」「ミリーへの手紙」「くらげの夢」「てぃんさぐぬ花」「うりずんの風」「みずよとわに」「忘れえぬ記憶」「地球のこもりうた」「夏去りのワルツ」を含む全11曲となっている。

長崎県佐世保市在住のシンガーおきつななこと、ピアニスト重松壮一郎。2010年に出会い、ライブを重ねてきたDUOによる、オリジナル10曲、沖縄民謡1曲からなるアルバム。ときに琉球や奄美をイメージさせるおきつななこの唄声は切々と胸に迫り、重松壮一郎のピアノは我々を自然へと還らせてくれる。ジャンルを超えた唯一無二の音楽が、この地球(ほし)に新たな息吹をもたらす。心に染み入る唄声、魂に響くピアノ。地球へ捧げられた珠玉の1stアルバム。

なお「このほしのうた」は、iTunes、Spotify、Apple Music、LINE MUSIC、Amazon Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

このほしのうた
  • 1: ひらり ひらり

    おきつななこ & 重松壮一郎

  • 2: 森を抜け

    おきつななこ & 重松壮一郎

  • 3: ミリーへの手紙

    おきつななこ & 重松壮一郎

  • 4: くらげの夢

    おきつななこ & 重松壮一郎

  • 5: てぃんさぐぬ花

    おきつななこ & 重松壮一郎

  • 6: うりずんの風

    おきつななこ & 重松壮一郎

  • 7: みずよとわに

    おきつななこ & 重松壮一郎

  • 8: 忘れえぬ記憶

    おきつななこ & 重松壮一郎

  • 9: 地球のこもりうた

    おきつななこ & 重松壮一郎

  • 10: 夏去りのワルツ

    おきつななこ & 重松壮一郎

  • 11: 菩提樹がうたうとき

    おきつななこ & 重松壮一郎

配信開始日:2020-05-11

Mizunoe

ジャンル: J-Pop / ニューエイジ / ポップ

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, animelo mix, Apple Music, AWA, Deezer, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク, dミュージック月額コース, Google Play Music, iTunes, K-POP Life, KKBOX, LINE MUSIC, mora, Music Store powered by レコチョク, music.jp STORE, mysound, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, Prime Music, Rakuten Music, SMART USEN, Spotify, YouTube Music, うたパス, ひかりTVミュージック, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク, レコチョク Best, 着信★うた♪by KONAMI

おきつななこ & 重松壮一郎

おきつななこ & 重松壮一郎

■おきつななこ(歌、三線) ​佐賀県白石町出身、長崎県佐世保市世知原町在住。23歳の時に、沖縄の伝統楽器・三線との出会いをきっかけにうたを始める。琉球や奄美をイメージさせる独特の唄声は、舞台や日々のくらしの中で出会う様々な音色、人々を通して更に深みを増してゆく。現在はベースボーカルユニット「ハートランド」を始め、ジャンルやスタイルを問わず各地で活動中。 ■重松壮一郎(ピアニスト / 作曲家 / 即興演奏家) ​横浜出身、長崎県佐世保在住。早稲田大学社会科学部卒。クラッシック、ロック、ジャズ等を経て、独自のスタイルを確立。即興演奏とオリジナル曲を主体としたライブを、全国・海外にて年間150回近く行う「旅の音楽家」。アメリカ、オーストラリア、イタリア、タイなど海外でも多数公演。「生きとし生けるものすべてに向けた音」をテーマ にしたオリジナリティ溢れる楽曲、森に包まれるようなオーガニックな音色、その祈りの音は、ジャンルや世代、国境を超えて、人々を魅了し続けている。 アート・イベント、野外音楽祭、子ども向け音楽ワークショップなど多くのイベントを主催。被爆ピアノの演奏や、平和コンサートの企画、被爆者の語り部とのコラボレーション、原爆をテーマにした楽曲「忘れえぬ記憶」の制作など、音楽を通じた平和活動も行う。読売新聞長崎版の連載記事「明日へ伝える 被爆70年」にもインタビューが掲載されるなど、メディアにも多数取り上げられる。 2005年、ダライラマ法王14世の来日ドキュメンタリー の音楽を、川原一紗(vo)とともに担当。ソロ・アルバム「tsumugi」は、iTunes Music、Amazon等にて、世界配信中。

おきつななこ & 重松壮一郎の他リリースはこちら(アーティストページ)