綾乃緒ひびき、「キミは羽ばたく / いつまでも」を配信開始

2020.5.15

綾乃緒ひびきが「キミは羽ばたく / いつまでも」を配信開始

綾乃緒ひびきの「キミは羽ばたく / いつまでも」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「キミは羽ばたく」「いつまでも」「キミは羽ばたく(インストゥルメンタル)」となっている。

【内容紹介】 アスリートと観客が一体になる応援歌『キミは羽ばたく』と、NHK全国合唱コンクールでもお馴染みのふるさとの応援歌『いつまでも』が、綾乃緒ひびきの爽やかな癒しの倍音の歌声と共に、コロナウイルスを吹き飛ばし、全国に響きわたり、オリンピックイヤーを応援します。 【作品メッセージ】 2013年9月8日(日本時間)の早朝、「TOKYO 2020」が決まった瞬間から、綾乃緒ひびきが心に決めていたこと。それは、オリンピックに何かの形で種を残そうという想い。その想いが、少しずつ膨らんで遂に今年の春、芽吹こうとしています。オリンピックに出場する選手のみならず努力を重ねてきたアスリートたちを、温かな声援で包むオリジナル応援歌『キミは羽ばたく』と、NHK全国合唱コンクールでもお馴染みの、温かな想いに満ちた故郷への応援歌『いつまでも』が、世界的な猛威を振るっている新型コロナウイルスを吹き飛ばすような力もあるかもしれない、癒しの倍音を持つ綾乃緒ひびきの歌声で、全国に響き渡ることを祈っています。 【メディア掲載レビューほか】 アスリートと観客が一体になる応援歌「キミは羽ばたく」と、NHK全国合唱コンクールでもお馴染みのふるさとの応援歌「いつまでも」が、綾乃緒ひびきの爽やかな癒しの倍音の歌声と共に、オリンピックイヤーを応援します。 (C)RS

なお「キミは羽ばたく / いつまでも」は、iTunes、Spotify、Apple Music、LINE MUSIC、Amazon Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

キミは羽ばたく / いつまでも
  • 1: キミは羽ばたく

    綾乃緒ひびき

  • 2: いつまでも

    綾乃緒ひびき

  • 3: キミは羽ばたく(インストゥルメンタル)

    綾乃緒ひびき

配信開始日:2020-05-15

T&Pパートナーズ

ジャンル: J-Pop / ニューエイジ / 歌謡曲

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, animelo mix, Apple Music, AWA, Deezer, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク, dミュージック月額コース, Google Play Music, iTunes, K-POP Life, KKBOX, LINE MUSIC, mora, Music Store powered by レコチョク, music.jp STORE, mysound, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, Prime Music, Rakuten Music, SMART USEN, Spotify, YouTube Music, うたパス, ひかりTVミュージック, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク, レコチョク Best, 着信★うた♪by KONAMI

綾乃緒ひびき

綾乃緒ひびき

美しい日本語を大切にした歌唱法と、その透明感と倍音の響きを持つ温かみのある歌声には定評がある。「その透徹で温かな響きは一聴に値する。」と評され、年齢やジャンルを超えたファン層を全国に広げている。 2003年11月末、オリジナル曲『ことだまの女神』でCDプロデビュー。 ブームに先駆けること3年前の2005年7月、新井 満氏の『千の風になって』をいち早くカヴァー。“大切な人の死を通じて如何に私たちが生きてゆくか”を優しく投げかけた同時収録のオリジナル曲『永遠(とわ)の風』は、あの世とこの世を繋ぐラヴソングとして、また『千の風になって』のアンサーソング(返歌)とされる。綾乃ひびき版『千の風になって』はアンサーソングと共に根強い人気があり、現在でも音楽配信iTunesニューエイジ系において、常にダウンロードランキング上位にあがり続けている。   作詞、演出・構成・脚本など舞台のプロデュースにも取り組むほか、活動の一環として、全国の医療施設などでの草の根的コンサート活動や国内外の被災地支援チャリティーコンサートにも力を注いでいる。 また、大学での専攻であった「海洋生物分類学」を活かし、国立科学博物館分館勤務時代には師事していた博士と共著で論文を国内外にも数編発表。同博物館発行の「昭和天皇の生物学ご研究」の編纂にも関わるなど生物の研究者という音楽畑以外での経歴を持つ異色の存在。これらのマルチな感性やアプローチと共に、今後も幅広いジャンルでの活躍が期待されている。

綾乃緒ひびきの他リリースはこちら(アーティストページ)