小倉悠吾、「星影のエール (Cover)」を配信開始

2020.5.16

小倉悠吾が「星影のエール (Cover)」を配信開始

小倉悠吾の「星影のエール (Cover)」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「星影のエール (Cover)」となっている。

京都のシンガーソングライター小倉悠吾のカバー配信第4弾。 日本のバンドGReeeeNが2020年5月11日配信リリースした「星影のエール」。 NHK 連続テレビ小説「エール」主題歌。

なお「星影のエール (Cover)」は、iTunes、Spotify、Apple Music、LINE MUSIC、Amazon Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

星影のエール (Cover)
  • 1: 星影のエール (Cover)

    小倉悠吾

配信開始日:2020-05-16

Music Office Cloud Records

ジャンル: J-Pop

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, animelo mix, Apple Music, AWA, Deezer, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク, dミュージック月額コース, Google Play Music, iTunes, K-POP Life, KKBOX, LINE MUSIC, mora, Music Store powered by レコチョク, music.jp STORE, mysound, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, Prime Music, Rakuten Music, SMART USEN, Spotify, YouTube Music, うたパス, ひかりTVミュージック, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク, レコチョク Best, 着信★うた♪by KONAMI

小倉悠吾

小倉悠吾

京都在住のシンガーソングライター。歌唱、オリジナル曲は聴く人を魅了プロミュージシャンからも支持されている。 レコーディングのほとんどを自身で行うクリエイター系シンガーソングライター。 2018年5月20日ロームシアター京都にてアルバム「ハイウェイ」レコ発ワンマンライブを開催。 2019年6月30日同日ロームシアター京都 野外広場にてアルバム「全てが崩れ去った後に」レコ発野外無料ワンマンライブを開催。 「全てが崩れ去った後に」MV公開した翌日、ASKAが「小倉悠吾」というタイトルのブログを更新し絶賛、話題となる。 2020年1月京都Ragにて"令和に奏でるクリスマスアンプラグドライブ"豪華管弦楽とのワンマン公演を開催。 2020年5月2〜6日京都周遊フェス実行委員会メンバーとして丸山公園音楽堂、京都駅他にて開催。

小倉悠吾の他リリースはこちら(アーティストページ)