MARISA、「Colors of Life」を配信開始

2020.5.17

MARISAが「Colors of Life」を配信開始

MARISAの「Colors of Life」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「Colors of Life」となっている。

ゴスペルシンガーMARISAによる初の書き下ろしオリジナル曲。山本裕太による共作、編曲、プロデュース。 〝すべて時にかなって美しい〟…いま一番伝えたい、届けたい想いと心からの感謝を詰め込んだメッセージソング。

なお「Colors of Life」は、iTunes、Spotify、Apple Music、LINE MUSIC、Amazon Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

Colors of Life
  • 1: Colors of Life

    MARISA

配信開始日:2020-05-17

ジャンル: R&B/Soul / ポップ

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, animelo mix, Apple Music, AWA, Deezer, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク, dミュージック月額コース, Google Play Music, iTunes, K-POP Life, KKBOX, LINE MUSIC, mora, Music Store powered by レコチョク, music.jp STORE, mysound, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, Prime Music, Rakuten Music, SMART USEN, Spotify, YouTube Music, うたパス, ひかりTVミュージック, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク, レコチョク Best, 着信★うた♪by KONAMI

MARISA

MARISA

スペイン出身。ブラジル人の父と日本人の母を持つ。幼少の頃よりダンスを始める。17歳の時に日本に移住してからもダンスを継続しミュージカルダンサーを目指していたが、交通事故により挫折。 その後、親友からゴスペルワークショップへの参加の誘いを受けてゴスペルと出会い人生が変わった。それを皮切りに様々なゴスペルクワイヤーに参加。 2002年にはアメリカで開催された Edwin & Walter Hawkins 主催のカンファレンスで日本人として初めてソロをとる。現在は新宿シャローム教会ゴスペルスタッフ、クワイアディレクターとして従事している。 2012年にゴスペルシンガーとして本格的にソロ活動を開始。翌年には1stアルバム「I CHOOSE TO LIVE」をリリース。以来、日本各地にてコンサートやゴスペルワークショップなどを精力的に行っている。また、Shalom Gospel Ministryを立ち上げ、Butch Heyward、Gary Hines(Sounds Of Blackness)、Claude McKnight(TAKE6)など、国内外ゴスペルアーティストのワークショップやコンサートなどの企画も行っている。

MARISAの他リリースはこちら(アーティストページ)