Reina Shimizu、「1031 Electro Remix」を配信開始

2020.5.22

Reina Shimizuが「1031 Electro Remix」を配信開始

Reina Shimizuの「1031 Electro Remix」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「Switch (BASSICK Remix)」「Always (BASSICK Remix)」となっている。

Reina Shimizu 1st Album『1031』Electro Remix Ver. BASSICK Remix

なお「1031 Electro Remix」は、iTunes、Spotify、Apple Music、LINE MUSIC、Amazon Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

1031 Electro Remix
  • 1: Switch (BASSICK Remix)

    Reina Shimizu

  • 2: Always (BASSICK Remix)

    Reina Shimizu

配信開始日:2020-05-22

ジャンル: インストゥメンタル / エレクトロニック / ダンス

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, animelo mix, Apple Music, AWA, Deezer, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク, dミュージック月額コース, Google Play Music, iTunes, K-POP Life, KKBOX, LINE MUSIC, mora, Music Store powered by レコチョク, music.jp STORE, mysound, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, Prime Music, Rakuten Music, SMART USEN, Spotify, YouTube Music, ひかりTVミュージック, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク, レコチョク Best

Reina Shimizu

Reina Shimizu

大阪府出身。 6歳よりピアノ、13歳よりフルートを始める。 大阪府立泉陽高校入学後、軽音楽部でテナーサックスに出会う。2015年9月〜2017年12月 東京ブラススタイルに所属。 日本全国の小中高生を中心にクリニックを行い、芸術鑑賞会などにも多数参加。 幅広い活動により出会えたアーティストのライブサポート、レコーディングにも参加。 2017年松尾スズキ演出 長澤まさみ主演ミュージカル『キャバレー』のキット・カット・ クラブバンドとして全38公演出演。 2017年Roland初のデジタル管楽器 エアロフォンのセミナーやレッスンを精力的に行い、 デモンストレーターとして音楽誌Sax World(Vol.6〜9)で記事を連載。 2018年、オリジナル全7曲を収録した自身初のリーダーアルバム『1031~イチマルサンイチ~』をリリース。 音楽誌『jazz Life(2018.12月号)』『Sax World(vol.11)』にアルバムレビューが記載され、 注目を集める。 2018年10月〜2019年2月 レコ発ツアーLive(追加公演も含む)、大阪・東京・京都・台湾など、全7カ所。どの会場も満員御礼、大盛況で幕をとじる。6月に台北 雅痞アートカフェにて行った自身のリーダーliveでは、約80名を動員。東京、大阪でも定期的にlive活動を行っている。 2019年11月 自身のオリジナルalbumの中から2曲、Remix versionを配信開始。 現在女性では珍しいテナーサックス奏者の中でも、パワフルなサウンドとアグレッシブな パフォーマンスがトレードマークとなり、日本のみならず台湾やメキシコ、スペインなど 海外でも幅広く活躍中。

Reina Shimizuの他リリースはこちら(アーティストページ)