淡路秀子、「Despedida 〜惜別〜」を配信開始

2020.5.23

淡路秀子が「Despedida 〜惜別〜」を配信開始

淡路秀子の「Despedida 〜惜別〜」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「Despertar (Cover)」「枯葉 (Cover)」「Despedida (Cover)」「Romance (Cover)」「Mil besos (Cover)」「Quiero ser tu sombra (Cover)」「Alfonsina y el mal (Cover)」「川の流れのように (Cover)」「La Golondrina (Cover)」「Gracias a la vida (Cover)」となっている。

アルバムタイトル<惜別>は淡路秀子本人の強い希望で付けられた。本来タイトルにネガティブな意味の強い語句を用いることは、避けられるべきかもしれない。当初この案に反対していたプロデューサーの伊藤寛康は、淡路の思いにやがて心を動かされる事になる。『70年という長い間幸せに生きてこられたのは、いつもそばに歌があり、そして私が歌うことを応援してくれた多くの友人や、家族がいたからこそ。棺桶の中からいくらありがとうと叫んだってみんなには届かない。それなら生きている今のうちに、今までありがとう!そしてさようなら、と言う思いを込めてこのアルバムを作りたい。』これほど前向きな別れの表現があるだろうか。そして今回、伊藤寛康は、このアルバム用に書き下ろしたオリジナル曲も同名に決め、伊藤寛康/岩村健二郎という20年間グルーポチェベレでオリジナル曲を作り続けてきた最強コンビが淡路秀子の思いを曲に込めた。「私は歌いたい。さよならを言うかわりに。ありがとうと、心から告げながら。」

なお「Despedida 〜惜別〜」は、iTunes、Spotify、Apple Music、LINE MUSIC、Amazon Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

Despedida 〜惜別〜
  • 1: Despertar (Cover)

    淡路秀子

  • 2: 枯葉 (Cover)

    淡路秀子

  • 3: Despedida (Cover)

    淡路秀子

  • 4: Romance (Cover)

    淡路秀子

  • 5: Mil besos (Cover)

    淡路秀子

  • 6: Quiero ser tu sombra (Cover)

    淡路秀子

  • 7: Alfonsina y el mal (Cover)

    淡路秀子

  • 8: 川の流れのように (Cover)

    淡路秀子

  • 9: La Golondrina (Cover)

    淡路秀子

  • 10: Gracias a la vida (Cover)

    淡路秀子

配信開始日:2020-05-23

Disco Machete

ジャンル: ラテン / ワールド

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, animelo mix, Apple Music, AWA, Deezer, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク, dミュージック月額コース, Google Play Music, iTunes, K-POP Life, KKBOX, LINE MUSIC, mora, Music Store powered by レコチョク, music.jp STORE, mysound, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, Prime Music, Rakuten Music, SMART USEN, Spotify, YouTube Music, うたパス, ひかりTVミュージック, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク, レコチョク Best, 着信★うた♪by KONAMI

淡路秀子

淡路秀子

アルバムタイトル<惜別>は淡路秀子本人の強い希望で付けられた。本来タイトルにネガティブな意味の強い語句を用いることは、避けられるべきかもしれない。当初この案に反対していたプロデューサーの伊藤寛康は、淡路の思いにやがて心を動かされる事になる。『70年という長い間幸せに生きてこられたのは、いつもそばに歌があり、そして私が歌うことを応援してくれた多くの友人や、家族がいたからこそ。棺桶の中からいくらありがとうと叫んだってみんなには届かない。それなら生きている今のうちに、今までありがとう!そしてさようなら、と言う思いを込めてこのアルバムを作りたい。』これほど前向きな別れの表現があるだろうか。そして今回、伊藤寛康は、このアルバム用に書き下ろしたオリジナル曲も同名に決め、伊藤寛康/岩村健二郎という20年間グルーポチェベレでオリジナル曲を作り続けてきた最強コンビが淡路秀子の思いを曲に込めた。「私は歌いたい。さよならを言うかわりに。ありがとうと、心から告げながら。」

淡路秀子の他リリースはこちら(アーティストページ)