YORIKO、「hikarine」を配信開始

2020.5.24

YORIKOが「hikarine」を配信開始

YORIKOの「hikarine」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「花鳥風月」「Orange Ray」「天ノ河の舞」「みだれ ~乱輪舌~」「Gnossiennes No.1」「青空の下で」「古蝶」「Petit Fleur」となっている。

「幻想的な深い森」をコンセプトにしたアルバムは、国内外にて活躍のアンビエント音楽家・長屋和哉氏をアレンジャーに迎え、オリジナル6曲と、古典、クラシックの全8曲を収録。 深く美しい長屋氏のアレンジにより、より一層にYorikoの世界観が引き出され、まるで自然の中に身を置いているかのような感覚になる。木々の合間から差し込むひとすじの光は、いつしか輝く音となり響き始め、あなたの琴線の記憶を呼び覚ます。

なお「hikarine」は、iTunes、Spotify、Apple Music、LINE MUSIC、Amazon Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

hikarine
  • 1: 花鳥風月

    YORIKO

  • 2: Orange Ray

    YORIKO

  • 3: 天ノ河の舞

    YORIKO

  • 4: みだれ ~乱輪舌~

    YORIKO

  • 5: Gnossiennes No.1

    YORIKO

  • 6: 青空の下で

    YORIKO

  • 7: 古蝶

    YORIKO

  • 8: Petit Fleur

    YORIKO

配信開始日:2020-05-24

Rainbow Enterprise

ジャンル: インストゥメンタル / ニューエイジ / ワールド

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, Apple Music, iTunes, LINE MUSIC, Prime Music, Spotify, YouTube Music

YORIKO

YORIKO

箏・三絃奏者。茨城県ひたちなか市出身。4歳より生田流箏曲、15歳より地唄三絃を習い始める。NHK邦楽技能者育成会47期修了。東京藝術大学音楽学部別科邦楽専修卒業。宮城社師範。箏・三絃教室「彩絃」主宰。合同会社レインボーエンタープライズ所属。全国各地にて開催される各種イベント等のゲスト演奏や、多くの方へ邦楽に触れる機会を提供するため、古典・現代曲・オリジナル・即興演奏を織り交ぜたライブを積極的に行っている。自然の情景や心情を描いたオリジナル楽曲と表現豊かな箏音は、「心の琴線に触れる」と言われている。2016年4月FM ひたち82.2MHz「Yorikoとコトコト」パーソナリティ。2016年4月オリジナル楽曲による1st.シングル『古蝶 -kocho-』リリース(フットボールクラブ水戸シルエラ 公式応援ミュージック・旧MITO EIKO FC 茨城レディース)。2017年7月オリジナル6曲を含む全8曲による1st.アルバム『hikarine』リリース。2018年5月カンボジアにて国際文化交流の演奏、またノロドム・シハモニ国王に拝謁。2019年3月「箏ソロ・花鳥風月(箏譜+五線譜)」楽譜を出版(株式会社マザーアースより)。

YORIKOの他リリースはこちら(アーティストページ)