EP EYES、「オリジナル」を配信開始

2020.5.30

EP EYESが「オリジナル」を配信開始

EP EYESの「オリジナル」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「オリジナル」となっている。

願望

なお「オリジナル」は、iTunes、Spotify、Apple Music、LINE MUSIC、Amazon Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

オリジナル
  • 1: オリジナル

    EP EYES

配信開始日:2020-05-30

ジャンル: J-Pop / オルタナティブ / ロック

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, animelo mix, Apple Music, AWA, Deezer, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク, dミュージック月額コース, Google Play Music, iTunes, K-POP Life, KKBOX, LINE MUSIC, mora, Music Store powered by レコチョク, music.jp STORE, mysound, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, Prime Music, Rakuten Music, SMART USEN, Spotify, YouTube Music, うたパス, ひかりTVミュージック, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク, レコチョク Best, 着信★うた♪by KONAMI

EP EYES

EP EYES

名前の由来はアナログレコードのextended play, 45rpm、シングルにもアルバムにも属さない曖昧な存在であるEP。眼に関わる仕事に携わっているのでEYES。EP EYES。 19で先輩からアコギを買ってその日から路上で弾き語りを始める。コミュニケーションが苦手だったが相手が話しかけてくれるのでこれを克服。音楽に救われオリジナルを作り始め23でインディーズから[砂の城]という曲をリリース。その後疑問を感じ そこを辞め模索しバンド活動を開始したが解散。しばらく音楽に関わらなかったがもう一度バンドを組み活動するも解散。その後1人で弾き語りでライブを行なっていたがバンドスタイルがしたく1人でも再現できるDTMを開始。現在は作詞作曲編曲プレイまで1人でこなす。ガレージ、パンク、ロック、ポップス、エレクトロ等ジャンルを問わず好きな音楽を創作。

EP EYESの他リリースはこちら(アーティストページ)