梁聖晞、「梁聖晞 ソヘグム独奏曲集 ~私の愛する花~」を配信開始

2020.5.31

梁聖晞が「梁聖晞 ソヘグム独奏曲集 ~私の愛する花~」を配信開始

梁聖晞の「梁聖晞 ソヘグム独奏曲集 ~私の愛する花~」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「私の愛する花」「ポムマジ -春の訪れ-」「チョンダリ -ひばり-」「ピバダガ -嘆きの歌- (歌劇「ピバダ」より)」「フェヤンニルリリ」となっている。

日本で生まれ育った在日コリアンたちによって結成された総合アーティスト集団<金剛山歌劇団>でコンサートミストレス、ソリストとして活躍する梁聖晞と、朝鮮歌劇芸術の礎を築き、朝鮮国内最高峰の位置に君臨する<国立ピバダ歌劇団管弦楽団>のフルオーケストラ伴奏で収録された超希少なアルバム。 ソヘグムの魅力を極限まで引き出し、朝鮮音楽の素晴らしさを最大限に表現した至高の一枚。 (※ソヘグム(小奚琴)は、朝鮮半島に古くから伝わる擦弦楽器:ヘグム(奚琴)の改良楽器で、国宝に指定されている。ヘグムは、中国の二胡とは兄弟楽器にあたる。紀元前に今の中国北部に住んでいた遊牧民族「奚」が使用していた楽器で、唐代には中国にも伝わり、朝鮮半島へは約1000年前に北宋から高麗朝の中期に伝来したと言われている。『チャングムの誓い』のヒロインを演じるイ・ヨンエがヘグムの広報大使に任命され、注目を浴びている楽器である。 ヘグムは2本の弦と弦の間に馬の尾でできた弓を入れて摩擦することにより音を出すが、ソヘグムは弦が4本になり、弓はヴァイオリンのように弦の上において擦奏する。また、ヘグムは糸巻き(ペグ)が前面に2つ取り付けられているが、ソヘグムの糸巻きは左右に2つずつ取り付けられている。 楽器の大きさと音域により、ソヘグム(小奚琴)、チュンヘグム(中奚琴)、テヘグム(大奚琴)、チョヘグム(低奚琴)の4つに分類される。)

なお「梁聖晞 ソヘグム独奏曲集 ~私の愛する花~」は、iTunes、Spotify、Apple Music、LINE MUSIC、Amazon Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

梁聖晞 ソヘグム独奏曲集 ~私の愛する花~
  • 1: 私の愛する花

    梁聖晞

  • 2: ポムマジ -春の訪れ-

    梁聖晞

  • 3: チョンダリ -ひばり-

    梁聖晞

  • 4: ピバダガ -嘆きの歌- (歌劇「ピバダ」より)

    梁聖晞

  • 5: フェヤンニルリリ

    梁聖晞

配信開始日:2020-05-31

ジャンル: インストゥメンタル / ワールド

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, animelo mix, Apple Music, AWA, Deezer, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク, dミュージック月額コース, Google Play Music, iTunes, K-POP Life, KKBOX, LINE MUSIC, mora, Music Store powered by レコチョク, music.jp STORE, mysound, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, Prime Music, Rakuten Music, SMART USEN, Spotify, YouTube Music, うたパス, ひかりTVミュージック, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク, レコチョク Best, 着信★うた♪by KONAMI

梁聖晞

梁聖晞

民族楽器 ソヘグム演奏家

梁聖晞の他リリースはこちら(アーティストページ)