KAWMAN、「DANCEHALL天然記念物」を配信開始

2020.6.1

KAWMANが「DANCEHALL天然記念物」を配信開始

KAWMANの「DANCEHALL天然記念物」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「intro ~Please Call Mi Name~」「DANCEHALL天然記念物」「STYLE&FASHION」「OSHIGOTO (Remix)」「SUKI SUKI」「Ride on my cocky」「Fell Like a Island」「skit ~Airport~」「Fly To The Jamaica」「君の声」を含む全19曲となっている。

長年現場で培って来たレゲエディージェイ KAWMAN 待望の 1st FULL ALBUM 『DANCEHALL天然記念物』 ラバダブの現場から這い上がって来た叩き上げアーティストKAWMAN(カウマン)の オリジナルな楽曲がたっぷり詰まった一枚。 長年現場で歌ってきた曲、配信リリースで人気だった曲や未発表曲も含め合計18Tr5ck 思わず現場に足が向いちゃいそうになっちゃうかも... 聞けば聞くほどハマっていくまるで噛めば噛むほど味が出るスルメ

なお「DANCEHALL天然記念物」は、iTunes、Spotify、Apple Music、LINE MUSIC、Amazon Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

DANCEHALL天然記念物
  • 1: intro ~Please Call Mi Name~

    KAWMAN

  • 2: DANCEHALL天然記念物

    KAWMAN

  • 3: STYLE&FASHION

    KAWMAN

  • 4: OSHIGOTO (Remix)

    KAWMAN

  • 5: SUKI SUKI

    KAWMAN

  • 6: Ride on my cocky

    KAWMAN

  • 7: Fell Like a Island

    KAWMAN

  • 8: skit ~Airport~

    KAWMAN

  • 9: Fly To The Jamaica

    KAWMAN

  • 10: 君の声

    KAWMAN

  • 11: skit ~Noisy Town~ (feat. ZAGA)

    KAWMAN

  • 12: BLACKANESE

    KAWMAN

  • 13: BIG GUNZ (feat. FALCON)

    KAWMAN

  • 14: LIVE LIVE LIVE (feat. S.K)

    KAWMAN

  • 15: MOVEMENT (feat. RAY)

    KAWMAN

  • 16: 汗と涙の結晶 (feat. SHADY)

    KAWMAN

  • 17: Luv U Crazy

    KAWMAN

  • 18: Money Is Time

    KAWMAN

  • 19: DO DA REGGE MUSIC

    KAWMAN

配信開始日:2020-06-01

844MUSIC

ジャンル: J-Pop / レゲエ

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, animelo mix, Apple Music, AWA, DANCEHALL.JP, Deezer, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク, dミュージック月額コース, Google Play Music, iTunes, K-POP Life, KKBOX, LINE MUSIC, mora, Music Store powered by レコチョク, music.jp STORE, mysound, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, Prime Music, Rakuten Music, REGGAE ZION, SMART USEN, Spotify, YouTube Music, うたパス, ひかりTVミュージック, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク, レコチョク Best, 着信★うた♪by KONAMI

KAWMAN

KAWMAN

KAWMAN(カウマン) 1988.09.19 AB型 2006年 堺のクラブ「Ten-g」で行われていた 「yellow choice.com」のラバダブでマイクを握り始める。 その後様々な現場でパフォーマンスを行い、自ら地元堺でレギュラーダンスを主催したり、泉州、アメリカ村などを中心に至るところに姿を現わす。 同世代のアーティスト・サウンドからなる”TAKING OVER Crew”を結成し定期的にcrewでのイベント&ライブを重ねる。 2011年10月から三ヶ月間ジャマイカ修行に旅立つ。 帰国後積極的に配信リリースや現場でのショーケースでその名を轟かせ、SOUNDのコンピレーションアルバムやMIXにも多数参加している。 今年2018年は尼爆Crewとして大型野外イベントを開催するなどこれからの日本のレゲエシーンには欠かせない存在となっている。 その一方イベントフライヤーやアートワーク製作なども手掛けマルチな才能も発揮している。

KAWMANの他リリースはこちら(アーティストページ)