noma、「窓口」を配信開始

2020.6.2

nomaが「窓口」を配信開始

nomaの「窓口」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「窓口」となっている。

2019年10月に夜猫族のSoundCloudにてリリースされ、その暗澹とした世界観を繊細に綴った表現力で密かにリスナーの心を掴んでいたnomaのソロ音源「窓口」が各種ストリーミングサービスにて配信された。

なお「窓口」は、iTunes、Spotify、Apple Music、LINE MUSIC、Amazon Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

窓口
  • 1: 窓口

    noma

配信開始日:2020-06-02

night cat fam.

ジャンル: J-Pop / オルタナティブ / ヒップホップ/ラップ

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, animelo mix, Apple Music, AWA, Deezer, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク, dミュージック月額コース, Google Play Music, iTunes, K-POP Life, KKBOX, LINE MUSIC, mora, Music Store powered by レコチョク, music.jp STORE, mysound, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, Prime Music, Rakuten Music, SMART USEN, Spotify, YouTube Music, うたパス, ひかりTVミュージック, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク, レコチョク Best, 着信★うた♪by KONAMI

noma

noma

福島県出身。15歳からラップを始め、16歳で作曲を開始。その次の年からは自宅で機材を揃えビートメイクやレコーディング、ミックスとマスタリングまで自ら行うようになり、2017年の10月には同志と夜猫族という集団を立ち上げ音楽活動を本格的にスタートさせた。夜猫族としては2018年の1月にミックステープ第1弾「よるねこのみくすて」を、同年5月にコンピレーションEP「おどれ!よるねこ」を発表し、ソロ名義ではこれまでに「Intro」「LSLSL」と2作のEPに加え同じく夜猫族で活動するtip jamとの合作「ARP .1」を発表するなど、そのフレキシブルで独創的な音楽性と期待にたがわない確かな技術は各方面から高い評価を集めている。

nomaの他リリースはこちら(アーティストページ)