ツダユキコ、「◯」を配信開始

2020.6.13

ツダユキコが「◯」を配信開始

ツダユキコの「◯」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「utakata」「いろは歌」「うみ の うた」「めよでろ」「ひかりの輪」「kazahana」「ソルティードッグ」「はる」「ゆりかごのうた」「hanauta」となっている。

ロックバンドからヨーロッパ古楽まで、 ジャンルを越えて様々なバンドやユニッ トで音楽活動をしてきた 自身の初となるフルアルバムは、 過去10年間に自宅録音により録りためてきた音源を中心に 展開される。 深いディレイがかかった浮遊感のあるピアノとウィスパーボイスがアシッドフォークを彷彿とさせる[utakata]、 鍵盤ハーモニカが笙の音色のように聴こえ、どこか懐かしい日本を思い出させる[いろは歌]、 出産のドキュメンタリー映画を観てインスピレーションを得て生まれた[うみのうた]、 声のみを幾重にも重ねた生命力溢れる[めよでろ]、 童話の世界に入り込んだようなギタレレ弾き語りから始まる[ひかりの輪]、 打ち込みのみのアンビエント[kazahana]、 淡々としたドラムとピアノによる切ない恋心を唄った[ソルティードッグ]、 女性の使命を唄った映画のエンディングのような壮大さの持った[はる]、 唯一のカバー曲で打ち込みにより童謡に新たな風が吹き込まれた[ゆりかごのうた]、 幾重にも重なる声に虫・蛙の自然の音が加わり、異国の香りのする[hanauta]。 魂を揺さぶるその声に惹きつけられ、涙する女性達が後を絶たない。 音から声から色や香りを感じるのに、美しい湖畔の水のようにどこまでも透き通っている作品に仕上がっている。 作詞作曲(track9を除く)編曲から、レコーディング、ミックス、マスタリング作業まで自身で手がけたこの作品は聴く人の心に柔らかく寄り添うような、非常に女性的なものとなっている。 ツダユキコ:Vocal,Guitar,Piano,ギタレレ,鍵盤ハーモニカ,和太鼓,Percussion,Programing <曲目> 1 utakata 2 いろは歌 3 うみのうた 4 めよでろ 5 ひかりの輪 6 kazahana 7 ソルティードッグ 8 はる 9 ゆりかごのうた 10 hanauta

なお「◯」は、iTunes、Spotify、Apple Music、LINE MUSIC、Amazon Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

◯
  • 1: utakata

    ツダユキコ

  • 2: いろは歌

    ツダユキコ

  • 3: うみ の うた

    ツダユキコ

  • 4: めよでろ

    ツダユキコ

  • 5: ひかりの輪

    ツダユキコ

  • 6: kazahana

    ツダユキコ

  • 7: ソルティードッグ

    ツダユキコ

  • 8: はる

    ツダユキコ

  • 9: ゆりかごのうた

    ツダユキコ

  • 10: hanauta

    ツダユキコ

配信開始日:2020-06-13

MMAMMA Label

ジャンル: J-Pop / オルタナティブ / ポップ

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, animelo mix, Apple Music, AWA, Deezer, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク, dミュージック月額コース, Google Play Music, iTunes, K-POP Life, KKBOX, LINE MUSIC, mora, Music Store powered by レコチョク, music.jp STORE, mysound, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, Prime Music, Rakuten Music, SMART USEN, Spotify, YouTube Music, うたパス, ひかりTVミュージック, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク, レコチョク Best, 着信★うた♪by KONAMI

ツダユキコ

ツダユキコ

唄うたい、音楽家 1981年栃木県に生まれ育つ。 幼少の頃よりピアノを弾き始め、12歳の頃には作詞作曲をするようになる。 14歳の時にギターとMTR(マルチトラックレコーディング)に出逢い、ひとり多重録音で音源を作り始める。 様々なジャンルでのバンド活動を経て、 28歳の時にソロとしてギターによる弾き語りを始める。 東京から三重県伊勢市に移住し、 自然の豊かな里山の古民家に暮らしながら 手作りを愉しむ生活をしつつ、 三重県近郊や東京に演奏しに行く音楽活動を展開。 2016年より、「子宮の唄うたい」と自ら名乗りアコースティックギターを携え、 独特な揺らぎを持つ、透明 且つ 力強さを兼ね備えた唄声と共に 伊勢を拠点にしながら 女性の使命「美しくあること、健やかであること、笑顔であること」を 全国を風のようにかけめぐり、伝えている。

ツダユキコの他リリースはこちら(アーティストページ)