VenueVincent、「Serious no.3」を配信開始

2020.6.13

VenueVincentが「Serious no.3」を配信開始

VenueVincentの「Serious no.3」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「New Sunrise (Venue ver.)」「GreenLine (Venue ver.)」「The Birds and The Bees (Venue ver.)」「Venue (Venue ver.)」「Luna Greceiente (Venue ver.)」「Big Knob (Venue ver.)」「Gion (Venue ver.)」「Up Lifting (Venue ver.)」「Upper Yard (Venue ver.)」「Look of Love (Venue ver.)」となっている。

伊原anikki広志 (Gt) 長崎真吾 (Gt) によるギターDUO venue(ベニュー)の1st アルバム「Serious No.3」!! ゲストミュージシャンにPer.西岡ヒデロー、Per.豊田稔を迎えての 2曲のカバーを含む全10曲入りフルアコースティックインストアルバム!!

なお「Serious no.3」は、iTunes、Spotify、Apple Music、LINE MUSIC、Amazon Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

Serious no.3
  • 1: New Sunrise (Venue ver.)

    VenueVincent

  • 2: GreenLine (Venue ver.)

    VenueVincent

  • 3: The Birds and The Bees (Venue ver.)

    VenueVincent

  • 4: Venue (Venue ver.)

    VenueVincent

  • 5: Luna Greceiente (Venue ver.)

    VenueVincent

  • 6: Big Knob (Venue ver.)

    VenueVincent

  • 7: Gion (Venue ver.)

    VenueVincent

  • 8: Up Lifting (Venue ver.)

    VenueVincent

  • 9: Upper Yard (Venue ver.)

    VenueVincent

  • 10: Look of Love (Venue ver.)

    VenueVincent

配信開始日:2020-06-13

Subtonic Records

ジャンル: インストゥメンタル / オルタナティブ / ワールド

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, animelo mix, Apple Music, AWA, Deezer, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク, dミュージック月額コース, Google Play Music, iTunes, K-POP Life, KKBOX, LINE MUSIC, mora, Music Store powered by レコチョク, music.jp STORE, mysound, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, Prime Music, Rakuten Music, SMART USEN, Spotify, YouTube Music, うたパス, ひかりTVミュージック, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク, レコチョク Best, 着信★うた♪by KONAMI

VenueVincent

VenueVincent

2012年、伊原ANIKKI広志と長﨑真吾によるGUITARDUO"VENUE"結成。 数々のライブを展開しつつ2014年 1ST ALBUM"SERIOUS NO.3"リリース。 2016年予てからせッションを重ね好評を得ていた PERCUSSION 西岡ヒデロー / TAP DANCER SAROとの4人編成を新たに "VENUEVINCENT"と名付け、各地フェス、ライブ会場を魅了しつつ、 2017.10月1stアルバム"Ain't No TRICK"リリース。 2018年タイツアー、FUJI ROCK'19出演等、活動の場を広げながら、 アコースティックギター2人(伊原アニキ広志、長﨑真吾)、パーカッション/トランペット(西岡ヒデロー)そしてタップダンス(SARO)という稀有な編成のVenue Vincent(べニュー・ビンセント)。もともとギターデュオだったVenueに、2016年西岡ヒデローとSAROが参入し現在の形に。ツインギターの旋律をパーカッションのリズムとタップダンスのエネルギーが押し上げ、観る者の体に直接響く音楽で各地フェス、ライブ会場を魅了。2017年には処女作「Ain’t No Trick」を発売。2018年タイツアー、2019年フジロックなどの音楽フェス出演と活動の幅を広げ、スキルフルかつ独創的な世界観を表現し続ける。

VenueVincentの他リリースはこちら(アーティストページ)