ヨシダケント、「1999 -ハタチの弾き語りベスト-」を配信開始

2020.6.22

ヨシダケントが「1999 -ハタチの弾き語りベスト-」を配信開始

ヨシダケントの「1999 -ハタチの弾き語りベスト-」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「1999」「不等な記号」「ずっと月だった」「炎天」「空の唄」「天気予報を気にしてる」「脳みそついてるからまだ負けない」「かわいいガール」「青の旅立ち」「スノーマン」を含む全14曲となっている。

アマチュア・マルチ・エンターテイナーを自称するヨシダケントが2020年6月21日にリリースした、弾き語りベストアルバム。 14歳から20歳まで、6年の歳月にヨシダが書き溜めた楽曲の中から、「周りからそこそこ評判がよかった」14曲を厳選。 それら14曲全てが、このアルバムの為に、自室のヘナチョコスタジオにて再録された。 21歳の誕生日を迎える2020年6月21日を発売日とし、直前の6月19日までレコーディングが行われた。 『20歳の終わり』という、ミュージシャンとしても一人の人間としても、一つの大きな区切りを迎えたヨシダが鳴らす『今の歌』が聴くことが出来るアルバムとなっている。

なお「1999 -ハタチの弾き語りベスト-」は、iTunes、Spotify、Apple Music、LINE MUSIC、Amazon Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

1999 -ハタチの弾き語りベスト-
  • 1: 1999

    ヨシダケント

  • 2: 不等な記号

    ヨシダケント

  • 3: ずっと月だった

    ヨシダケント

  • 4: 炎天

    ヨシダケント

  • 5: 空の唄

    ヨシダケント

  • 6: 天気予報を気にしてる

    ヨシダケント

  • 7: 脳みそついてるからまだ負けない

    ヨシダケント

  • 8: かわいいガール

    ヨシダケント

  • 9: 青の旅立ち

    ヨシダケント

  • 10: スノーマン

    ヨシダケント

  • 11: さよならグッバイ

    ヨシダケント

  • 12: だからさ

    ヨシダケント

  • 13: 弱い犬ほどよく歌う

    ヨシダケント

  • 14: 2020 (0 take ver.)

    ヨシダケント

配信開始日:2020-06-22

Twilight Music Records

ジャンル: J-Pop / フォーク / ロック

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, animelo mix, Apple Music, AWA, Deezer, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク, dミュージック月額コース, Google Play Music, iTunes, K-POP Life, KKBOX, LINE MUSIC, mora, Music Store powered by レコチョク, music.jp STORE, mysound, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, Prime Music, Rakuten Music, SMART USEN, Spotify, YouTube Music, うたパス, ひかりTVミュージック, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク, レコチョク Best, 着信★うた♪by KONAMI

ヨシダケント

ヨシダケント

1999年神奈川県は横浜生まれ。現在20歳、現役の大学生。 作詞、作曲、編曲、歌唱、演技、おふざけ等、様々なエンタメに挑戦している、 自称「アマチュア・マルチ・エンターテイナー」。 メンバーを固定しない流浪の音楽集団、Twilight Music Clubのプロデューサー&プレイヤー。 音楽メディアブログ、横浜音楽新聞の編集長、ライター。 学生クリエイティブ集団、Kalmias所属。 ひとりきりのロックンロール・パンクバンド、ズガツカナイズでの活動…など、その他様々なプロジェクトに挑戦中。 小学生から独学でギターを弾き始めるが、歴の割には上手ではない。(おい) 中学校から自作のオリジナル曲や弾き語りの動画をYoutubeに投稿し始める。が、あまり伸びていない。(もっと頑張れ) 高校1年生の時に初めて10代限定のロックフェス『未確認フェスティバル』へ音源を応募。オリジナル音源「だからさ」がTOKYO FM 「SCHOOL OF LOCK!」の番組内にて紹介され、公共の電波に自分の曲が乗る。 しかし、以後、20歳まで同フェスに応募し続けるが、毎回一次審査で落選し続けた。(おいおい) 高校三年生~大学一年生にかけてはAbemaTV「日村がゆく」の『高校生フォークソング選手権』に出演。 冴えない陽気なキャラクターと、番組に対する熱意が功を奏し、なぜか番組に4回も出演する。(いえい!) 自分の描く理想像に近づくために、足りない才能を精いっぱいのアイデアとユーモア、そしてありったけの熱意で昇華させていく、等身大の20歳である。最近妙に老けた。

ヨシダケントの他リリースはこちら(アーティストページ)