Rie fu、「Gilles (Classics London Sessions)」を配信開始

2020.7.2

Rie fuが「Gilles (Classics London Sessions)」を配信開始

Rie fuの「Gilles (Classics London Sessions)」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「Gilles (Classics London Sessions)」となっている。

選りすぐりの20曲のセルフカバーを、 『Rie fu Classics Tokyo/London Sessions』と題してロンドンと東京のミュージシャンとライブレコーディング。 タイムレスな楽曲たちが新たな英語詞で生まれ変わり、極上のベスト盤が完成! 全20曲を20週連続で全世界配信リリース。

なお「Gilles (Classics London Sessions)」は、iTunes、Spotify、Apple Music、LINE MUSIC、Amazon Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

Gilles (Classics London Sessions)
  • 1: Gilles (Classics London Sessions)

    Rie fu

配信開始日:2020-07-02

Rie fu inc.

ジャンル: オルタナティブ / ロック

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, animelo mix, Apple Music, AWA, Deezer, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク, dミュージック月額コース, Google Play Music, iTunes, K-POP Life, KKBOX, LINE MUSIC, mora, Music Store powered by レコチョク, music.jp STORE, mysound, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, Prime Music, Rakuten Music, SMART USEN, Spotify, YouTube Music, うたパス, ひかりTVミュージック, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク, レコチョク Best, 着信★うた♪by KONAMI

Rie fu

Rie fu

Rie fu(りえふぅ) 2004年デビュー。07年ロンドン芸術大学卒, '18年ロンドンUCL大学院翻訳学科卒業。 日本語と英語、癒しと辛辣さがミックスされた歌詞、 ジョニ・ミッチェルやキャロル・キングなど70年代女性シンガーソングライターに影響を受けたオーセンティックな楽曲、またカレン・カーペンターを彷彿させる歌い方が特徴。 油彩画家として音楽とアートワークを同時に発表している。

Rie fuの他リリースはこちら(アーティストページ)