アンダーグラフ、「花天月地」を配信開始

2020.7.4

アンダーグラフが「花天月地」を配信開始

アンダーグラフの「花天月地」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「時代」「サンザシ」「太陽維新」「三日月の長雨」「我忘レ和ルツ」「最後の雪」となっている。

なお「花天月地」は、Spotify、LINE MUSIC、AWA、Rakuten Music、SMART USENなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

花天月地
  • 1: 時代

    アンダーグラフ

  • 2: サンザシ

    アンダーグラフ

  • 3: 太陽維新

    アンダーグラフ

  • 4: 三日月の長雨

    アンダーグラフ

  • 5: 我忘レ和ルツ

    アンダーグラフ

  • 6: 最後の雪

    アンダーグラフ

配信開始日:2020-07-04

U'S MUSIC Co.,Ltd.

ジャンル: J-Pop / ポップ / ロック

配信ストア: AWA, KKBOX, LINE MUSIC, Rakuten Music, SMART USEN, Spotify

アンダーグラフ

アンダーグラフ

1999年に地元である大阪(枚方、寝屋川)にて結成。2004年のデビュー曲「ツバサ」がCD累計売上40万枚、世代を超えて支持される名曲として大ブレイク。 2013年11月にTVアニメ「弱虫ペダル」EDテーマ「風を呼べ」をリリース、そして 2015年7月8日発売のミニアルバム「1977年生まれの僕らは」の収録曲「こころ」がNHK「みんなのうた」に決定するなど、積極的に音楽活動を行う傍ら、ワクチン普及の為に印税の寄付や、青年海外協力隊の海外視察で発展途上国に足を運ぶなど、社会支援活動への参加も行っている。 2015年10月1日には16組のアーティスト、文化人、スポーツ選手が参加する青年海外協力隊50周年イメージソング「ひとりひとつ」の作詞作曲、プロデュースをボーカル真戸原直人が手掛けている。

アンダーグラフの他リリースはこちら(アーティストページ)