注目のプロデューサー・HALELU(PLANET TOKYO、Dalu)がKlang Rulerの蜂須賀桜をシンガーに迎えた「天使になれなくて」リリース

2020.7.22

HIPHOPクルーPLANET TOKYOメンバーであり、音楽ユニットDaluのボーカリストを務めるシンガー兼トラックメイカー/サウンドプロデューサーのHALELUが新曲「天使になれなくて」をリリースした。

本作では、yonkey率いるバンドKlang Rulerからキーボード/コーラスの蜂須賀桜をシンガーに迎え、楽曲、リリックからジャケットまでを自身でプロデュース。自身が歌わずにプロデューサーとして発表する初の作品となっている。そのサウンドは夏の夜のように湿度高く纏わりつくピアノの音色と、浮遊する儚げな歌声が絡み合うメロウなラブソングに仕上がっている。また自身のインスタグラムにて本作の制作エピソードも明かしている。

この投稿をInstagramで見る

【New release】 「天使になれなくてfeat.蜂須賀桜」 この後いよいよ配信開始です! 今回、Klang Rulerの蜂須賀桜ちゃんをプロデュースさせていただきました。 楽曲とリリック、ジャケまでやっております。 彼女の声を聴いて作った世界観です。 ということで、 少しだけ制作エピソードを。 ジャケはBanbuとMichelにアドバイスしてもらいながら、作りました。 天使をグリッチにさせる意図や、レコード会社風のHALELUロゴなど、帯ならではの、いき過ぎたイメージ戦略から本末転倒になってしまった帯のプロモーション、読ませようと必死かつ大胆な書体のテキストだったり、もはや日本の文化になった帯をあえて今再現する事は、自由なのにどこか不自由さを感じながら制作していた自分が、突拍子もない自由さをそこに感じたからです。 他にも細かい部分に隠しネタを仕込んでいるのですが、 その一つでもある右下のTHINK OF MEは、輸入盤レコードをイメージしていたため、海外でのタイトルも付けようと、オペラ座の怪人からクリスティーヌの歌う楽曲タイトルから貰いました。 ーあなた私じゃダメだと思うからー という私のリリックと、あの物語の主人公達の心情がクロスオーバーし、直訳ではありませんが、楽曲の感情を一番表現しているタイトルだと思い決めました。 クリスティーヌの歌うTHINK OF MEの歌詞も是非調べてみて下さい。 表現しきれなかった部分が見えてくると思います。 長々と話しましたが、 単純に、思い入れの強い楽曲になったということを伝えたかったです。 あと少しで配信開始になります。 楽しんでもらえたら嬉しいな! #令和の女をぴえんと泣かす #メロウな陶酔ラブソング

HALELU(@halelu_gram)がシェアした投稿 -


 

天使になれなくて (feat. 蜂須賀 桜)
  • 1: 天使になれなくて (feat. 蜂須賀 桜)

    HALELU

HALELU

HALELU

シンガー兼トラックメイカー。 HIPHOPクルー「PLANET TOKYO」メンバー。 音楽ユニット「Dalu」のボーカリストであり、楽曲制作やジャケットのプロデュースも行っている。 PLANET TOKYOではフックを担当していたり、新たな活動として最近ではシンガーに楽曲提供から作詞、ジャケットデザインまでをし、完全プロデュースするなど、音楽活動に幅を広げている。J-POPらしいキャッチーなメロディーラインに、オルタナティブやエレクトロニック、R&Bの要素を持った浮遊感のあるトラックが特徴的。

HALELUの他リリースはこちら(アーティストページ)